FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2018年5月の映画鑑賞についてのまとめ

  1. 2018/06/01(金) 00:00:00_
  2. 2015年~2018年
  3. _ comment:4
5月のまとめ 



2013年から自分なりにつけている9段階評価のうち
(☆ → ☆◎ → ◎ → ◎〇 → 〇 → 〇△ → △ → △× → ×)
6段階を、そのまま載せたいと思います。
(真ん中らへん(「◎〇」 と 「〇」と「〇△」 は 、アップしません)

映画のひと言感想にあたる「顔文字の付いた下手な短歌」を
いくつか、ここでアップします。




 
.


≪全体の感想≫ 

5月は一回だけ映画館に行きました。
やっと行けて嬉しかったです☆

家では、オンエアと、Amazonビデオを見ました。

まぁまぁ良かったひと月になりました。



********************************



5月に見た映画について、
ちょっと書かせていただきたいと思います。
(各項目、50音順です)


初見で良かった作品

洋画 (☆) 

  「悪魔の陽の下に」  私は好きですよ♪   

洋画次点 (☆◎) 

  「手錠のまゝの脱獄」  演技も演出もとても良かったです。
  「セイフヘイヴン」  ラッセ君の中で一番好きになったかも?です。  
  「ふたりの女」  この映画もどうしても作りたかったんだろうなあって思いました。 
  「夜」  この監督で初めて分かったような気になりました。 

洋画その次 (◎) 

  「アメリカン・スナイパー」  結局、アメリカン人はすごいって言いたいのか?  
  「映像の魔術師 オーソン・ウェルズ」  このヒトについていろいろと知れて良かったです。   
  「奇蹟がくれた数式」  まあまあ良かった、監督さんこの先期待します。
  「ジュリアス・シーザー」  手堅くてご立派、好きな群像劇でした。   
  「大砂塵」  もうちょっと「砂塵」を見たかった、邦題がダメなんだと思う。 


邦画 (☆)  

  特になし    

邦画次点 (☆◎) 

  「岸辺の旅」  この監督作品、尻上がりで(笑)。まじ「キュア」の人か?     
  「早春」  「東京暮色」とセットで見ると良いかも? 
  「蚤とり侍」  けっこうな作品でした。 

邦画その次 (◎)

  特になし   



初見で良くなかった映画たち (「△」以下3段階該当作) 
 
 
  △× 「トウルー・ロマンス」  こういう系統の作品(皆殺し・自分達だけ助かる)は今後なるべく見ません。
  × 「ある天文学者の恋文」  ジュゼッペ君はもうダメだね!    



再見で良かった作品 
(殿堂入り・今年初見した作品の再見は、ココには入れません)

洋画 (☆) 

  特にナシ   

 洋画次点 (☆◎) 

  「アガサ/愛の失踪事件」  やっと再見出来て、おおよそ良かったです。
  「アポロ13」  宇宙系の作品についていろいろと考えました。

洋画その次 (◎) 

 特になし


邦画 (☆) 邦画次点 (☆◎) 邦画その次 (◎)

 1本も見ませんでした  


☆ 5月に見た殿堂入り作品 ☆

1本も見ませんでした 



********************************



5月の映画に関する短歌・抜粋

◇悪魔の陽の下に

悪魔とは 人の心に 住むもので 
神への問いは いつも答えず (・ω・)


◇わが青春のフロレンス

生きること 愛することも 必死です 
近代イタリー 庶民の歴史 (・ω・)


◇夜

はじめてね 分かった気がした 不条理な 
愛とエロスと 哲学が (^-^)


再見◇アポロ13

事実だし どうこう言える こともなし 
管制室には 男しかいない(笑) ┐('〜`;)┌


光る藻の 話は1つ 良かったな 
暗くなったから 見えたモノとは (・ω・)


◇紙の月

致命的 男女の思い わからぬは 
配役ミスで 納得できない (`へ´)


◇セイフヘイヴン

怖いこと 乗り越えるには 愛だけで 
不思議なことも 許せる顛末 (*^o^*)


◇ある天文学者の恋文

不愉快な 私の心を 逆なです 
ジュゼッペ君も もう終わりだな (`へ´)


◇アメリカン・スナイパー

クリスさん いくらその腕 良くてもね 
4回も行きゃ おかしくなるぜ ┐('〜`;)┌


◇映像の魔術師 オーソン・ウェルズ

仕事しは こだわり持って 凄くても
娘二人の 係争悲し (-_-#)


◇大砂塵

ニックさん またまた何が 言いたいか? 
とにかく変わった 作品でした ┐('〜`;)┌


◇プレイタイム

メチャメチャな いったい何を 言いたいか? 
それでも憎めぬ ユロさんサイコー(笑) (^-^)





<<5-1467  伊能忠敬 ―子午線の夢―  | BLOG TOP | 2018年5月のプラグインの言葉>>

comment

こんにちは

  1. 2018/06/11(月) 13:41:25 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「ジュリアス・シーザー」は古典作品という感じでしたね。彼がどんな人かハッキリ思い出せなくて、このまま放っておいたら独裁者になるというブルータスの心情に寄り添えませんでした。
彼が若い頃を題材にした作品と連続して見たら楽しめたかな?

「トウルー・ロマンス」はかなり前に一度見てます。脚本タランティーノというのがよく出ていた気が。私もあまり楽しめた覚えがありません。

>光る藻の 話は1つ 良かったな 
>暗くなったから 見えたモノとは (・ω・)

「アポロ13」はお嫌いでしたっけ?
光る藻のエピソードが思い出せなくて…。誰かのセリフに出てきたんでしょうか。気になります。

宵乃さん、こんばんは☆

  1. 2018/06/11(月) 19:22:52 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 「ジュリアス・シーザー」は古典作品という感じでしたね。彼がどんな人かハッキリ思い出せなくて、このまま放っておいたら独裁者になるというブルータスの心情に寄り添えませんでした。
> 彼が若い頃を題材にした作品と連続して見たら楽しめたかな?

シェイクスピア原作の舞台劇を映画化した作品なので
一般的な歴史モノとはちょっと違ったかもしれませんね?

私も詳しくは知りませんが、シーザーは、多くの独裁者と同じで、
最初は民衆に優しい良い政治家だったんだと思います。

私自身は、俳優が好きな人だったのでけっこう楽しめました(笑)。

> 「トウルー・ロマンス」はかなり前に一度見てます。脚本タランティーノというのがよく出ていた気が。私もあまり楽しめた覚えがありません。

そうですね、ネットで後から読んだら、
いかにもその方の作品(脚本)だったとのことで
先に知っていれば見なかったかも?(笑)

途中までは面白く見たんですが・・・
お父さんが・・・(涙)。

> >光る藻の 話は1つ 良かったな 
> >暗くなったから 見えたモノとは (・ω・)

> 「アポロ13」はお嫌いでしたっけ?
> 光る藻のエピソードが思い出せなくて…。誰かのセリフに出てきたんでしょうか。気になります。

嫌いな作品ではないです☆
長い間見られなくて、8年前にやっと初見出来たので本当に嬉しかった作品です。

光る藻の話は、船長の第二次大戦中のエピソードです。
昔のインタビュー映像を、事故発生後にテレビでオンエアしていたんです。

もし良かったら読んでいただければ・・・と思い、今からアップします☆

こちらです → https://saisenseisuki.blog.fc2.com/blog-entry-6522.html


.

  1. 2018/06/16(土) 15:25:37 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
こんにちは。少々自作の小説のことでうんうんうなってましたが、今日、服部昇大「邦キチ! 映子さん」というネット漫画を見つけて読んだら、

「細かいことはど~でもよく」

なってしまいました。

映画ネタの漫画なのですが、扱う映画がただの代物ではない(笑)というもので、もう死ぬほど笑いました。

いろいろと生活に疲れていたら、一度読んでみてはいかがでしょうか。

わたしは面白かったので、コミックスを買うことを決めました(笑)

7月1日まで無料公開中なので読むならお早く(^^)

comip.jp/spinel/works/eiko/

これから宵乃さんにも教えにいきます(笑)

ちなみに、わたしが映画ネタのギャグマンガでいちばん好きなのは、おおつぼマキの「Mr.シネマ」です。あっちは絶版のうえ青年誌作品だけど。

ポールさん、こんばんは☆

  1. 2018/06/16(土) 19:05:02 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
お出まし頂いて、有難うございます☆

> こんにちは。少々自作の小説のことでうんうんうなってましたが、

新シリーズですね♪
毎回読ませて頂いています。

小説に素人なのでコメントは控えさせて頂いていますが
実はある疑念を持っています(笑)。
もし確信を持てたら、非公開で書かせて頂きますね。
確信が持てなかったら、恥ずかしいので、そっとしておいて下さいね!(笑)

> 今日、服部昇大「邦キチ! 映子さん」というネット漫画を見つけて読んだら、
> 「細かいことはど~でもよく」
> なってしまいました。

それは良かったですね。
気分転換?出来たという感じでしょうか?

> 映画ネタの漫画なのですが、扱う映画がただの代物ではない(笑)というもので、もう死ぬほど笑いました。
> いろいろと生活に疲れていたら、一度読んでみてはいかがでしょうか。
> わたしは面白かったので、コミックスを買うことを決めました(笑)
> 7月1日まで無料公開中なので読むならお早く(^^)
> comip.jp/spinel/works/eiko/
> これから宵乃さんにも教えにいきます(笑)

読ませて頂きました。
申し訳ありませんが、いまいち面白くなかったです。

> ちなみに、わたしが映画ネタのギャグマンガでいちばん好きなのは、おおつぼマキの「Mr.シネマ」です。あっちは絶版のうえ青年誌作品だけど。

多分、もう長いこと漫画から離れてしまったからだと思います。
15年くらい前?もう少し前?に「ヒカルの碁」とか「デスノート」とかを
夢中になって読んだのが最後かもしれません?

それにパソコンで漫画を読むのが初めてで見にくかったのです。
ごめんなさいね~!


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -