FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1447  大砂塵

  1. 2018/05/04(金) 23:00:00_
  2. ニコラス・レイ
  3. _ comment:2
JOHNNY GUITAR  (大砂塵)  1954年・アメリカ



大砂塵




 
.


2018年5月4日(金)  BS3

監督  ニコラス・レイ
主演  スターリング・ヘイドン  ジョーン・クロフォード

感想
ニックさんだから仕方ないのかもしれないけど
変わった作品で、どういう目線で見れば良いのか
いまいちイミフのまま、
ものすごい迫力に?引きずられて、最後まで退屈せずに見ました。

しかしそれにしても、邦題はちょっと酷いです、というかヒドすぎ。
私はきっと最後らへんにその見たこともないような「大砂塵」がきて
それで人間の決着が着くとばかりに思っていたので(笑)。

原題のままで良かったんじゃないの?
でも、主役はやっぱりギターさんだとは思えないですけどね(笑)。

まぁそういうことで、変わった映画でしたね、
ジョンクロさんはちょいちょいお目にかかるけど
最近は原節子の西洋版と思うようになりました。
マジ怖いんですよね、ふたりとも、真顔は見ていられない
といっても笑顔もそれなりに恐ろしい・・・(笑)。

とにかく内容はあっちこっち飛んでって、
ボーグナインさんも持ち味発揮したかと問えば「?」ですし、
一番疑問に思ったのは、あのもう一人の女が
保安官!ともう一人を撃ち殺した」ときに
何のおとがめもなかった」ことです、どういうこと???

西部に鉄道が敷かれる前後には、実際こういう生臭い事件が
あっちこっちにあったんでしょうね~?
で、最初に馬車を襲った犯人って誰よ?

ニックさん、映画は映画、現実の比喩もいい加減にしてもらわないと
後世の私らには、21世紀だし、分かりませんのよ、ほほほ。





今年から映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「大砂塵」の結末

結局、あの女が死に、ギターとジョンクロは
お互いをかばい合って町の人たちの前に出てくるが
誰も何もせずに見送る。
滝を出たところで、満面の笑み、ちゅうしてエンドマーク。

つまり、あの実力者の人は、
あの女が悪い事は分かっていたんでしょうね?

結局、キッド一味は、一番若い子は吊るされ、
あとの3人はその女にそそのかされたボーグナインの裏切りで
撃ちあって殺しあうような形で死んだのだった。




<<5-1448  映像の魔術師 オーソン・ウェルズ | BLOG TOP | 5-1446  プレイタイム>>

comment

おはようございます

  1. 2019/03/19(火) 09:38:45 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>私はきっと最後らへんにその見たこともないような「大砂塵」がきてそれで人間の決着が着くとばかりに思っていたので(笑)。

そっちの方がドラマティックだと思います!
一体誰が邦題を考えたんでしょう…。あの扇動された人間たちの混乱のことを砂塵に例えたのかなぁ?

>主役はやっぱりギターさんだとは思えないですけどね(笑)

ヒロインが主役でしたよね。クロフォードさんが原作の映画化権を握っていたのと、ジョニー役の方は赤狩りの密告で落ち目だったそうです…。
”原節子の西洋版”に思わず「それだ!」となりました(笑)

>「何のおとがめもなかった」こと

その後、割とすぐにヴィエンナに撃たれてませんでしたっけ?
撃たれたのは吊るす予定だったキッドだし、手間が省けたくらいの感覚じゃないでしょうか。

>で、最初に馬車を襲った犯人って誰よ?

キッドたちの様子を見るに、犯人はまったく登場しない他の誰かだったと思います。嫉妬や情念で周りを巻き込みながら身を滅ぼす話を描きたかったんじゃないかなぁ。

>つまり、あの実力者の人は、あの女が悪い事は分かっていたんでしょうね?

たぶんそうでしょうね。自分たちに都合の相手を排除するため、みんなお互いに利用し合っているようでした。いざとなれば一番感情的に動いたエマに全責任を押し付けようと思ってたんじゃないでしょうか。

見てるのが辛いしわかりにくい作品でしたが、ああはなりたくないなと思えるから、そういう点ではよかったかもしれませんね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2019/03/19(火) 16:25:17 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> そっちの方がドラマティックだと思います!

おお、ご賛同いただき、有難うございます!

> 一体誰が邦題を考えたんでしょう…。あの扇動された人間たちの混乱のことを砂塵に例えたのかなぁ?

そういう意味なら良いのですが、中身をよく見もせずに
あの小砂塵の事をさしていたなら辛い事ですね(笑)。

こうして延々と未来永劫残るのですから、
邦題はよく考えてもらわないと・・・ですね(笑)。

> ヒロインが主役でしたよね。クロフォードさんが原作の映画化権を握っていたのと、ジョニー役の方は赤狩りの密告で落ち目だったそうです…。

そうでしたか、納得です♪

> ”原節子の西洋版”に思わず「それだ!」となりました(笑)

ありがとう、ありがとう☆
もうこれで彼女のニックネームは決まりましたね(笑)。

> その後、割とすぐにヴィエンナに撃たれてませんでしたっけ?
> 撃たれたのは吊るす予定だったキッドだし、手間が省けたくらいの感覚じゃないでしょうか。

そうでしたか・・・
何というか、その場で何も言われなかったことに
心底仰天しました。。。

> キッドたちの様子を見るに、犯人はまったく登場しない他の誰かだったと思います。

やはりそうだったんですね?
私もそう思ったんですが、投げやりな感じが驚きで(笑)。

> 嫉妬や情念で周りを巻き込みながら身を滅ぼす話を描きたかったんじゃないかなぁ。

この作品の中身はそれですものね、強盗はもういいかと(笑)。

> たぶんそうでしょうね。自分たちに都合の相手を排除するため、みんなお互いに利用し合っているようでした。いざとなれば一番感情的に動いたエマに全責任を押し付けようと思ってたんじゃないでしょうか。

ああ、結局、全体をまとめるとそういう事だったんですね!
やはり宵乃さんのご意見を聞くと、自分の中の理解が進みます。
有難うございました!

> 見てるのが辛いしわかりにくい作品でしたが、ああはなりたくないなと思えるから、そういう点ではよかったかもしれませんね~。

なりたくありませんね~(笑)。
公開当時もそれを狙っていたのかなあ?(笑)


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31