FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1443  ドリアン・グレイ

  1. 2018/04/25(水) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
DORIAN GRAY  (ドリアン・グレイ)  2009年・イギリス



ドリアン・グレイ




 
.


2018年4月25日(水)  FOXムービープレミアム

監督  オリヴァー・パーカー 
主演  ベン・バーンズ

感想
原作を知らないので、鑑賞後に調べました。
ずいぶん変えてあるようだけど、この作品はこの作品で
けっこう面白かったし、良かったと思っています。
すごく良いとは思わないけど(笑)。

ちょっと怖かったり、謎だったり、何と言っても
主演の人が羽生結弦に似ていて、横顔かな?
あああの子はこういう「西洋風のキレイ系の顔」なんだなって
しみじみ納得しました。

内容の中では、コリン・ファースの演じた役柄が
ちょっとひどいんじゃないの?って感じもするし
やはり親になった以上は、ってところはわかるけど
原作では親にならないようなので
違和感のあるのはそれも理由かな?って感じでした。

あの女優、可愛かったし、健気だったね・・・
お兄さんの愛情の深さに胸を打たれました。

田舎から出てきたぽっと出の可愛い子が
どんどん悪くなってそれはそれで良いんだけど
悪いことすると言っても「性関係」だけで
全然面白くもなんともなかったです(笑)。

あの絵は良かったね、作者にもっと権利を持たせないとね?
馬車や車、地下鉄、ドイツとの戦争など
3~40年近くたっている事、目で分かりやすくて良かったけど、
人間はキモイね!
ちゃんと年を取りましょう!

見たことは良かったです、こういう系統の作品あまり見ていないので
これからも見たいと思います☆





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「ドリアン・グレイ」の結末

ラストシーンは、何故かヘンリーの家の奥まった部屋にあるあの絵。
ドリアンは絵の中の悪魔を殺そうとしたけど出来ずに
年老いた姿で死んだ。
絵は悪魔が抜けて?普通。
エミリーは父親を許さず、知人宅へ。




<<ER 緊急救命室 いくつか再見しました☆  | BLOG TOP | (2-840)  サボテンの花  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31