FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-840)  サボテンの花  (2回目)

  1. 2018/04/22(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
再見  Cactus Flower  (サボテンの花)  1969年・アメリカ



サボテンの花



 
.


2018年4月22日(日)  ザ・シネマ

監督  ジーン・サックス
主演  イングリッド・バーグマン  (ステファニー役)
     ゴールディ・ホーン  (トニー役)
     ウォルター・マッソー  (ジュリアン役)

感想
嫌味のない本当に良い作品でした。

水色のドレスを着たバーグマンが踊っていたこと以外は
ほぼ忘れていたので、すっごく楽しめました☆

俳優陣が、皆ピッタリで、
ウオルター・マッソーが合わないと思う人もいるかもしれないけど
やはり決め手は歯医者(笑)。

ホーンの役柄は私には分かる気がします・・・正直な人が好きで
真っ正面から奥さんとも対峙したかったのよね。

でも嘘は嘘を呼ぶ(笑)。

そして、巨匠とかではないけど、生涯でこの作品一本を撮っただけでも
素晴らしい監督さんですね☆

最後に似た年代のカップル二組できるのは
分かり切ったことかもしれないけど
「青い鳥」と同じこと、人間はそういうモノなのだなあと納得しました。

「ウソツキは結婚のはじまり」見ているんですが
これのリメイクとは思えず、またいつか再見しなくてはね(笑)。

花粉期リビング鑑賞、最後の作品がこれで本当に良かったです!



初見時感想はこちら  →  サボテンの花(69・米) ・・・ 2-840 





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「サボテンの花」の結末

年代の合う二組のカップルが出来る。
トニは隣の部屋の作家君と。

医院でふて寝していた歯医者さん、
荷物を取りに来た看護婦さん、
いつも水をやっていた机の上のサボテンの花が咲いた。
美しいピンク色の可憐なお花。

ラストシーンは、中年カップルのキスシーン。

エンドロールも控えめな紹介になっていて好感。





<<5-1443  ドリアン・グレイ | BLOG TOP | 5-1442  名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31