FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1422  渚にて

  1. 2018/03/25(日) 23:00:00_
  2. スタンリー・クレイマー
  3. _ comment:2
ON THE BEACH  (渚にて)  1959年・アメリカ



渚にて




 
.


2018年3月25日(日)  シネフィルWOWOW

監督  スタンリー・クレイマー
主演  グレゴリー・ペック

感想
最初から最後までずっと暗い気持ちで見なければならなくて
辛い作品でした。

もちろん、公開当時とか、冷戦時代ならもう少し・・・だったんでしょうけど、
ペレストロイカを知っている以上、ないない的な?

もしも今後こういうことが起こるとしたら・・・とは
考えにくくなっているのは、当時よりも世界情勢が
決して良いわけではないけど
良くなっている部分があるとしか思えないですね。

内容はそういう感じで、
俳優さんたちの事ですが、
それぞれに「自分の役柄」をすごく理解なさって
こころ一杯演じておられたと思います。

ペックさんは、もちろん「アメリカの良心」的で、そのまんま。
でも後半はチュウが多くて辟易とはしましたね(笑)。

ガードナーさんはこういう女性を演ずる為に生まれてきたような?
最後に潜水艦を見送る後ろ姿が、悲しかったです。

アステアさんの狂気、
パーキンスさんの誠実な夫、
その妻の産後の誇らしく・そしてなおさらに・・・の部分、
全部お上手でした。

人の居ないアメリカの工場?の描写が怖かったです。
コーラが打電していた」のを知らなかったので、
本当に恐ろしいと思いました。

アメリカ人はアメリカに帰って死ぬというところ、
誰もが自分の故郷をって思うんでしょうね・・・
オーストラリアだけが助かっていて、すぐにそれが来るってところ
怖かったなあ・・・

それにしても、「コンテイジョン」みたいになっていなくて
(奪い合いとかがなくて、全員が正しく生きている)
どっちが正しいんだろう?とか思わないでもなかったです。

日本人は案外・・・いや、それは時代のせいでは?
いまならどこの国でも「コンテイジョン」になってしまいそうね?

見るのが怖くて辛かったけど、見て良かったです。





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「渚にて」の結末

とうとうオーストラリアにも放射能がやってきたようだ。
艦長はじめアメリカ人は国に替える事にした。
アステアの役柄は、車をふかして、自殺したみたい?
パーキンス夫妻は、理解しあって抱き合っている。
ガードナー演ずる彼女は、潜水艦を見送る。

ラストシーンは、「兄弟、まだ時間はある」の垂れ幕の前で
誰もいない、一人いるが死んでいる。
その描写で終わり。
地球は死んだのだ。




<<5-1423  ゼロ・グラビティ | BLOG TOP | 5-1421  清須会議>>

comment

こちらもお邪魔します

  1. 2018/04/06(金) 20:31:29 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
>いまならどこの国でも「コンテイジョン」になってしまいそうね?

確かに時代による違いというのもあるかもしれません。
とくに人がたくさん集まっている都会では恐ろしいことになりそうですよね。
細かい内容は忘れてしまいましたが、役者さんがみんな成りきっていて映画ということを忘れそうでした。自分がもしあの場にいたら、と考えてしまいます。

こちらにも有難うございます☆

  1. 2018/04/07(土) 07:07:37 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 確かに時代による違いというのもあるかもしれません。

昔の日本では、コンテイジョンなんて絶対ならなかったと思うけど
今は・・・。

> とくに人がたくさん集まっている都会では恐ろしいことになりそうですよね。

はい、人数が増えると、良くない人が増えるのでね・・・涙。

> 細かい内容は忘れてしまいましたが、役者さんがみんな成りきっていて映画ということを忘れそうでした。自分がもしあの場にいたら、と考えてしまいます。

はい、良い作品と思います。
辛くてこころ暗くなりますが、もし機会があれば是非、再見なさってね☆

昨日、ファミリー映画企画、第1作品見ました☆
とってもお下品でしたが、私的には楽しかったです!
火曜日にアップする予定です、多分未見かと・・・
でも、タイトルを是非見てほしいのです(笑)。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -