FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1409  淑女は何を忘れたか

  1. 2018/03/02(金) 23:00:00_
  2. 小津安二郎
  3. _ comment:0
淑女は何を忘れたか  1937年・日本



淑女は何を忘れたか




 
.


2018年3月2日(金)  primeビデオ

監督  小津安二郎
主演  私は桑野通子だと思います (大阪の姪役)

感想
面白かったですよ。
1937年って母の生まれた年だからね、昔もいいとこで。
そうなら、仕方ないかなあっていう今現座とは違う倫理観や
もちろん映像そのものや、男尊女卑というか、すべての価値観ね。

それでもそういうことを分かったうえで
これはそういう時代の映画だと思うと、余計良いと思います。

あれこれの映画で見た俳優さんたちがいて
懐かしいような気持ちにもなるし、
台詞の運びや、物語の組立方や、
のちの小津作品に通じるあれこれを発見するだけでも楽しいし、
ラストシーンがちょっといつもの雰囲気と違うところが特に良いし、
結局、小津作品だなあってところに落ち着くとは思うのですが。

最近見ている作品の多くが子供のいない夫婦や
子どもと言っても育ちあがった後の大人だけの家庭が多く、
このあたり、戦後の評価の高い作品群とは一線を画しているのかな?とも
思いました。 良い事は良いんですよ☆





今年から、映画の結末を書きます。
白文字反転で読めます。
(携帯・スマホでは、白文字にならず読めますので、お気を付けください)

「淑女は何を忘れたか」の結末


夫が頬を打ち、妻は黙りこくった。

姪は帰阪。
その前に岡本氏とまた会う約束をしていた。

夫から「さっきは悪かった」と話し、二人でお酒を飲むというところで終わり。

お酒を飲むそのものではなく、電灯が消えて、
女中に寝て良いと言って、
妻がお酒とつまみを盆に載せて運んで
夫の待っている部屋に入る、で終わる。

そのときの感じがちょっと小津らしくないかも?(笑)
でも、消えてゆく電灯にさえも物を言わせていました。




<<5-1410  本能寺ホテル | BLOG TOP | 5-1408  襲われた幌馬車>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -