映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


☆ 再見  雨月物語 ☆

  1. 2017/11/04(土) 04:55:00_
  2. 溝口健二
  3. _ comment:7
秋の夜長のミステリー企画への参加最終作品です。



再見  雨月物語  1953年・日本



雨月物語




 
.


2017年11月1日(水)  セルDVD

監督  溝口健二
主演  田中絹代  (宮木 役)

感想
月に一度の小津作品の再見が終わったので
11月はこの作品と思っていたのですが、
ミステリー企画のために用意していた2作品が見事にこけたので
そうだ、これをミステリーものとして再見しよう!と決め、実行しました☆
6年も経ったとはビックリ仰天!

見終わって思うことは、2回もハマるあんたは何?って感じ?
森さんって・・・お上手ですね。

若狭姫が登場した瞬間、画面が変わるというか、世界が変わるのを目撃しました。
スーッと風が吹いたように思いました。


この映画の多くの部分はそうではないのですが、
やはり知っていて見ると、
その「ある部分2ヶ所」は、「ミステリー」としても
見えるような気がしました。


初見時と同じ感想も持ちましたが、
若狭姫のお顔の変化を面白く興味深く見ました。
京マチ子は、私には長くおばさん女優で、今もそのイメージが強いのですが(すけきよ!)
この作品では本当に“女とはこういうもの”と見事な体現でしたね!

弟夫婦については初見時と同じです。
宮木さんもね・・・
夫が帰った時にそうしてあげたい気持ちは、本当に美しく
戦乱の世に生まれた運命とは言え・・・。
一瞬、若狭さんが連れてったように思ったりして・・・。

呉服屋さんも良かったです。
右近さんも怖かったですね~!
しかし「耳無し芳一」さんと同じでね、やっぱりそういうモノかと
何となく納得しました・・・あのお坊様のお陰様です、合掌。

ラストシーンは秀逸ですよね、戦争がなければああやって皆さん畑仕事に忙しいんだもの。
遠くの山まで引くカメラが素晴らしいし、音楽が良いですね♪
あの子はおとなしすぎるけど、まあ仕方なかったかなあ?
古い日本人だから、こころにしみました。。。

激安邦画10枚組に入っていたDVDを見ましたが
美しくスッキリとした映像で、初見時とは全然違いました!
BS3のも美しいのを録画してあるのですが
今回はこちらを見ました☆

ミステリー企画は良い機会でした、有難うございました☆
また何年も経ってから、再見したい作品です。



初見時感想はこちら  →  雨月物語(53・日) ・・・ 2-1157 





<<2017年9~10月の映画鑑賞についてのまとめ | BLOG TOP | ☆ コレクター  1997年版 ☆>>

comment

何度見ても楽しめるのが名作の条件!

  1. 2017/11/04(土) 12:49:17 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
さすが日本映画の古典名作。
ミステリーとしての新しい視点もあって、良い再見になったようでわたしも嬉しいです。ジャンルにこだわるよりも、こういう新鮮な切り口で再見するのも面白いと思います。
買ったソフトの質も良くて、企画の〆にぴったりの作品でしたね。

  1. 2017/11/04(土) 18:03:14 |
  2. URL |
  3. ポール・ブリッツ
  4. [ 編集 ]
ちょっとこれは中盤のコメディシーンがあまりに身につまされて見るのがつらかった(笑)

でもすごかったですな京マチ子。

>この作品では本当に“女とはこういうもの”と見事な体現でしたね!

まったくです(^^)

映画は飛びますけど、

「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の幻想パートは明らかにこの映画にケンカ売ってますよね。

(勝てたかについてはあえていうまい(笑))

個人的にはこの「雨月物語」、全編を幻想でやってほしかったなあ~。

Re: 何度見ても楽しめるのが名作の条件!

  1. 2017/11/04(土) 19:28:04 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
宵乃さん、こんばんは☆
コメントを有難うございます☆

> さすが日本映画の古典名作。
> ミステリーとしての新しい視点もあって、良い再見になったようでわたしも嬉しいです。ジャンルにこだわるよりも、こういう新鮮な切り口で再見するのも面白いと思います。

お優しいお言葉、身に沁みます・・・。
あの部分はファンタジーなんでしょうけど、
若狭姫の正体はなかなかミステリアスだと思って・・・苦しい言い訳ですが
認めて頂いて、本当に嬉しいです、有難うございました☆

> 買ったソフトの質も良くて、企画の〆にぴったりの作品でしたね。

ハイ、せっかくのオンエア作品、残念だったので
あのままでは終われなかったので、本当に良かったです♪

「ノスタルジア」ですが、数回トライして、全滅です(笑)。
いずれいつか、頑張ります!


.

ポールさん、こんばんは☆

  1. 2017/11/04(土) 19:38:41 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> ちょっとこれは中盤のコメディシーンがあまりに身につまされて見るのがつらかった(笑)

弟さんのことですか?
まぁ多かれ少なかれ、誰にでも心当たりがあるかも?ですね?

> でもすごかったですな京マチ子。
> >この作品では本当に“女とはこういうもの”と見事な体現でしたね!
> まったくです(^^)

ハイ、私はどうしても彼女を見ると「すけきよ!」と聞こえてしまうので(笑)。
今もそのイメージが強くて・・・
今回は若狭姫に注目して見たので、ハッと気づいたんです、遅かったけど(笑)。

> 映画は飛びますけど、
> 「忠臣蔵外伝 四谷怪談」の幻想パートは明らかにこの映画にケンカ売ってますよね。
> (勝てたかについてはあえていうまい(笑))

その映画は未見なのでわかりません、すみません。
来年のきもだめしで見られたら良いのですが・・・。

> 個人的にはこの「雨月物語」、全編を幻想でやってほしかったなあ~。

・・・まぁそれをやってしまうと、ちょっとインパクトが?
やはり戦争や弟夫婦のあれこれや
子供さんの事やら何やら、リアルな描写の中でこそ
生きているように思うのですが・・・。


.

ダークファンタジー

  1. 2017/11/15(水) 11:01:15 |
  2. URL |
  3. しずく
  4. [ 編集 ]
ちょうど2年前に観ていました。
細かい部分は覚えていないのですが、若狭姫のどぎまぎするような妖艶なおどろおどろしさは脳裏に焼き付いています。

>ファンタジーなんでしょうけど、
若狭姫の正体はなかなかミステリアスだと思って

ミステリーの要素が圧倒的ですね。ミステリーorファンタジーと簡単に分けられない、まさにダークファンタジーのジャンルだと思います。
となると、特に挙げたい洋画があるのだけど・・・。
ああ、思い出せない!

またいつか再見したくなりました。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/11/15(水) 11:11:09 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ダークファンタジー

  1. 2017/11/15(水) 14:46:37 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
しずくさん、こんにちは☆
コメントを有難うございます☆

> ちょうど2年前に観ていました。
> 細かい部分は覚えていないのですが、若狭姫のどぎまぎするような妖艶なおどろおどろしさは脳裏に焼き付いています。

しずくさんの記事にはお引っ越し祝いをかねて
お邪魔させていただいています☆
懐かしいですね。。。

> ミステリーの要素が圧倒的ですね。ミステリーorファンタジーと簡単に分けられない、まさにダークファンタジーのジャンルだと思います。

ミステリーの要素が強いと書いて下さり、有難うございます☆
私はカテゴリーわけができないので、
ミステリー企画で見て良かったんだなって思えました☆

> となると、特に挙げたい洋画があるのだけど・・・。
> ああ、思い出せない!

その映画は、私も同じ方のコメント欄でお話させてもらっています、
5年前になりますが。。。

> またいつか再見したくなりました。

どちらの映画でしょうか?
両方かな?

「雨月物語」は、この先もずっと、忘れた頃に再見し続けてゆける作品だと思います。
お互いにそのときを楽しみましょうね~♪


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -