FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1221  シャッターアイランド

  1. 2011/08/28(日) 22:30:00_
  2. マーティン・スコセッシ
  3. _ comment:0
Shutter Island  (シャッターアイランド)  2010年・アメリカ



シャッターアイランド




 
.


2011年8月28日(日)  レンタルDVD

監督  マーティン・スコセッシ
主演  レオナルド・ディカプリオ (テディ・ダニエルズ 役)

感想
“狂わないのが普通で・賞”



以下、「そのスピードで」さんとのやり取り。

>妻役の、ミシェル・ウイリアムズ。
>ホモが苦手で『ブローバック・マウンテン』を未見のため、
>よくしらない人だが、男好きのする実によい顔だ。
>the brilliant greenのボーカリスト、ボクのあこがれの女でもある、
>京都出身の川瀬智子にすこし似ている。

今日鑑賞しました。
ケンさんが記事を書かれていると思い、読ませてもらったらこの文章・・・ビックリ・・・でもないか?
よくある事ですかね?

>世界は孤島だが、美人だけはやすやすと国境をこえる。

この人美人でしょうか???
男性受けするお顔と書かれているので、そういう意味なんでしょうね~?

私は「インセプション」を見てから時間が経っていないので、
中盤まで「同じ映画なの?」と思いながら見ていました。
しかも同じ人間が出ているし???

先日フランス映画の「恐怖の報酬」とアメリカ映画の「黄金」を
ひと月経たないうちに見て、何と言うか全く雰囲気が同じで、
フランス語と英語だけど、主人公も同じ顔に見えて困ったのですが、
この映画の場合同じ人間ですしね~!

・・・中盤以降、色々とあって、ラストはまぁ良かったんではないでしょうか?
多分そこにウソはないと・・・思いたいです。



コメントありがとうございます。

いや~、なんか不思議ですよね。
ミシェル・ウイリアムズが出てる『ブルーバレンタイン』を、
来月に近くの名画座で見る予定ですし。
彼女は好みですね~。
ちょっと締りのない表情が良いのですよ。
美人だからこそできる顔つきというか。

『インセプション』とは被りすぎですね。
ディカプリオ氏も、凝った脚本ばかり選んでるのかな。
最近流行の作風でもあるし。
まあ言ってしまえば「夢オチ」で、幼稚ですけど。

>先日フランス映画の「恐怖の報酬」とアメリカ映画の「黄金」をひと月経たないうちに見て、
>何と言うか全く雰囲気が同じで、フランス語と英語だけど、
>主人公も同じ顔に見えて困ったのですが、この映画の場合同じ人間ですしね~!

『黄金』は未見ですけど、それは面白いですね。
映画のパターンって、そんなに沢山あるものではないのかな?




<<(1-403)  カリフォルニア・ドールス  (2回目) | BLOG TOP | 2-1220  若草の萌えるころ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29