映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1345  ドリーム

  1. 2017/10/21(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
HIDDEN FIGURES  (ドリーム)  2016年・アメリカ



ドリーム




 
.


2017年10月21日(土)  TOHOシネマズ○○にて

監督  セオドア・メルフィ
主演  タラジ・P・ヘンソン  (キャサリン・G・ジョンソン役)
     オクタヴィア・スペンサー  (ドロシー・ヴォーン役)
     ジャネール・モネイ  (メアリー・ジャクソン役)
     ケヴィン・コスナー  (アル・ハリソン役)


感想
毎週見ている「コズミック フロント☆NEXT」の9月7日のヒューマン・コンピューターの回で
見て知っていたキャサリンさんたち女性のお話で、事実の方を知っているので
きっと良くないと思いつつ、他に見たい作品がなかったので、この映画を見ました☆


事実の方では、私生活とかは映さなかったので
ノンフィクションから上手にフィクションにしたんだと思いますが
新鮮で、見られて良かったです。


来年で100歳なんだよね~すげえ!
ジョン・グレンに言われた言葉も事実だし、「会議に出して」と言ったのも事実だし、
ご本人の生きざまが、うまく作品に反映されていると思いました☆

日本人ってね、まぁ男尊女卑とか学歴の件は いまだにあると思うけど、
ほぼ単一民族で、肌の色もほぼ同じで、
そういう意味では生きるのに楽だったんでしょうね、っていつも
こういう作品見ると思います。。。

あとは、この映画の中で昔の実際の映像を
ストーリーに上手に取り入れて、CGも使ったんだろうけど
あれらの映像はほぼ全て「コズミック フロント☆NEXT」で見ていたので
とても親しみ深く、イイ感じにしたなあって思いました☆

この作品ではちょっと宇宙飛行士たちがお気楽そうに見えるので
マーキュリー計画の彼らにもう一度会いたいと思い、「ライトスタッフ」再見しようかな?とか
スプートニクの話を聞くと「遠い空の向こうに」再見しようかな?とか
宇宙関係の映画やら何やらが、胸を熱くしました♪

中流黒人家庭の主婦にしては皆さんの服装がちょっと良すぎる?
と思ったら、手作りだったようで、納得でした。
安い布切れ買って、サッと裁断して真っすぐに縫うだけの感じ出ていました。
だからカラフルでも豪華ではなかったんですね!


3人ももちろん良かったけど、
ダンストちゃんが良かったですね、可哀想な感じしました。


でもあれが当時の普通の感覚だったんでしょう、産まれた時から
「あなたは白人、あっちの黒人の子供とは違うんだよ」って
そう言われ続けて生きてきたのに

「偏見がないと思っていることは知っています」という言い方では
お互いに思いやりがないんだと思いますよ。

言った本人は賢くて、そういう立場になってのし上がる人だもの
たくさんの子どもも育てて、先々考え抜いて生きる人だもの。

ダンストちゃんは、悪くないんだよ、仕方なかったんだよ。
でもこういう悪い役柄するようになって、大人になったんだね~と
しみじみ。。。

駄作王も頑張っていましたね、効率を優先することだけが彼の思いで、
特に黒人をひいきする気はないんだけど、結局、効率って何かを考えるとき、
周りの一般的な白人ではできなかったこと、分からなかったことを
サッとやれるって良いなあって思いました☆

3人の女優さんと中佐さんはどこかで見たことあります。 まぁうまかったです。
グレンさん役の人もお気楽そうだったけどまぁ良かったです。
監督さんの奥さんも(ビックリ)上手でした。
あの白人の嫌な男は、見たことないけどどこにでもいそうな俳優だけど
こういう嫌な役柄を引き受けて頑張ったよね~最後はコーヒーまで出すし(笑)。

監督さんは知らないけど、手堅い映画にして、材料も良かったんでしょうけど
まぁこの先も楽しみな人ですね!

プロポーズのシーンでは泣きましたよ。。。
子供たちと、あのお母さんも一緒で。。。
結婚60年近いんですよね、まだ31年で半分だから、私も頑張ります!(笑)。

どんな仕事でも、効率優先で、仕事そのものと周りの人に
愛情をもってするのが大切なんでしょうね、家族の支えがあってこそだけど。


一番好きなのは最初のシークエンスの
女の子がドアの模様を台形、平行四辺形、と言い、
その模様たちが飛び出すところかな?



その子が先生から受け取るチョークが
大人になって、同じように・・・美しかったです♪

現代なら、才能があれば、男女差も肌の色も関係ないのかな?
現実は違っても、そう思えるような作品なのかもしれませんね?

しかし800メートルは酷すぎるよね、何も気付かない、気付かないふりしていた、
白人女性たちを私が責めることは出来ないけど、そういうヒドイ時代があったという事で・・・

それにしてもソユーズしかない今現在、月へもう一度とか、火星のテラ・フォーミングとか、
夢見ている場合か?とは思いますね~今のアメリカではね・・・

地球全体で仲良くして、そういうことを行っているのは
一部の探査機ミッションくらいで・・・(欧米とか一部日本とかという意味ですが)
カッシーニはうまくいったよね、プシケはアメリカだけかな?

だらだらと書きました。
まぁ、良かったと思います。




<<☆ 再見  エル・スール ☆   | BLOG TOP | 5-1344  君の名は。>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -