FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1319  ウォーダンス / 響け僕らの鼓動  (旧gooブログの記事)

  1. 2011/10/20(木) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
WAR DANCE  (ウォーダンス / 響け僕らの鼓動)  2007年・アメリカ



ウオーダンス 響け僕らの鼓動




 
.


「ホテル・ルワンダ」に続いてアフリカの事を扱う映画を見ました。
今度は、ドキュメンタリーです。国は、ウガンダ。

WAR DANCE  (ウォーダンス/響け僕らの鼓動)  2007年・アメリカ製作作品を見ました。

2011年10月20日(木)  BS3

監督  アンデレア・ニックス・ファイン / ショーン・ファイン
出演者  パトンゴ小学校 (北部ウガンダ・パトンゴ避難民キャンプ内の小学校) の 児童達・他/ウガンダに住む皆さん 


感想抜粋

「その時の事は あまりにひどくて まだ話せない」 ドミニク
「夜眠りにつくと、父さんや母さんに夢で会える」ローズ
「人を殺した事は 母さんにも話してない 誰かに話したのは これが初めてだ」男の子
「父さんに寄り添っていたいの」「父さん生き返ってよ」
「私も一緒に殺された方が良かった」「父さん会えなくて寂しい」
「ずっと忘れないからね」号泣とともに吐き出した言葉 「全部言ったよ」 偉かったね、ナンシー
「人は北部は紛争に明け暮れてて 何も出来ないと思ってるはずだ 
だから伝統舞踊で証明したいんだ すごい事が出来るんだってね」男の子
「踊ると悩みは消し飛ぶの つらいキャンプ生活も忘れられる 
風を感じるの まるで村に戻ったみたいに アチョリ族である事を誇りに思うわ」女の子
「紛争だけが僕の人生じゃない 僕には音楽の才能がある 僕はアチョリ族だ 部族の未来を担っているんだ」男の子
「私はもうただの気の毒な孤児じゃない、優勝したのよ、アチョリ族のために勝ったのよ」女の子

この映画は作り方が上手です。(編集の仕方)
ドキュメンタリーですからね、作ってはいないと思います。

彼ら彼女ら、学校の先生等、いろんな人へのインタビュー、
その話の中での内戦の状態、一人ひとりの重い経験

それらと並行させて、さしはさんで、全国大会に向かう軌跡を描く方法が、
当たり前のように思えるけど、
とっても胸を打つ作りです。

当たり前のはずなのに、黒い外見で、日本人と違う顔かたちで怖がってはいけない。
この人たちも、まるで同じ中身の「人間」なのだと。

貧しいのに、制服らしきもの・手作りの衣装・楽器類を用意してもらえて・・・
そして出発して、最初のシーンに戻るのだ。

南部の人達は、北部だと知ると「あいつらは少年兵だ、ゲリラだ」と見るんだね、ビックリ。
だから内戦が終わらないんだよ、って頭にきた。

キャンプを出るのが初めての子供が多いのだ。
首都は平和で、高層ビルも飛行機も自動車も電気も水道水も、テレビも、皆初めて見るのだ、
目を丸くして・・・。

満員の観客、最後の勝負、伝統舞踊、勝つんだ、勝ちたい・・・
彼らのひとつ前には、昨年の優勝校、ピカピカの衣装を着て・・・
でも頑張るんだ、僕らの鼓動、響け、響け、響け!!!

拍手大喝さい、皆の心を打ったんだ。
立って大喜びしている観客もいた!

ドミニクが最優秀演奏者賞をとりました~!!!
新しい木琴をもらいました!

伝統舞踊部門で、パトンゴ小学校が優勝~!!!
すげー!
もう、私は、PTA気分だよ!!!
(昨年の優勝校、可哀想に~!)

2005年度グランプリ
昨年の優勝校でした。。。。。



※この記事は旧gooブログの記事ですが、感想文もほぼ同じなのでこの記事だけにします。
抜粋とは、公開できない分はアップしませんという意味です。




<<10月の 「ブログ DE ロードショー 」 の お誘い | BLOG TOP | 2-1318  あいつと私 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -