FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-232)  埋れた青春  (2回目)

  1. 2011/12/17(土) 23:00:00_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:0
再見  L’AFFAIRE MAURIZIUS  (埋れた青春)  1953年・仏



11月のイメージ 埋れた青春




 

.


2011年12月17日(土)  セルDVD

監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
主演 ジャック・シャバッソール (エツェル 役)

感想
凄い話!!!
凄過ぎる!!!

ものすごい話でした。
FINの出るところ以外、全部忘れていて、初見同様でしたが、
多分、この映画が、デュヴィヴィエ監督の一番の作品なのだろうな~、と、
今思っています。

ずっと「うもれた青春」と読んでいましたが
正確な邦題は「うずもれた青春」と読むらしいです。

青春がうずもれてしまったヒトは、多分3名、ともう1名かな?
事件の被害者も、加害者も、恋しい気持ちを愛と勘違いして、
愛は与えるモノなのに、奪うばかりで・・・。

判事はやめなくてはね、そして息子と本当の親子になるべく、
今までとは違う生活をしなくてはね。

そして一番恥ずかしいのは、ラスト直前の彼の行動の意味を、
初見時はよく分かっていなかったという事です。
今回はそこの意味もわかって、余計に、苦しい想いにがんじがらめになっています。
(この18年間には戦争の時期もあったのですよね・・・)

“買って良かったDVDで・賞”
高かったけどね~。



初見時感想はこちら  →  埋れた青春(読み方:うずもれたせいしゅん)(54・仏) ・・・ 1-232





<<皆さまへのお礼 (12月5日の記事の追記) | BLOG TOP | 2-1414  ファウンテン 永遠に続く愛>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -