FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1394  パルムの僧院

  1. 2011/12/03(土) 23:00:00_
  2. クリスチャン・ジャック
  3. _ comment:0
La Chartreuse de Parme  (パルムの僧院)  1948年・フランス



パルムの僧院



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。




 
.


2011年12月3日(土)  セルDVD

監督 クリスチャン・ジャック
主演 ジェラール・フィリップ  (ファブリス 役)

感想
「赤と黒」より短いんだけど、ディスク一枚で、長くて、見るのがつらかった。
それに白黒のうえ、フィルムが悪くて、真っ暗で見えなかったよ、塔の中とかね。

こちらも最後は3人別々の道を・・・で、キレイ過ぎるのでは?
多分、原作は、これらの人物ではなく世相的なモノを、より描きたかったんでしょうけどね。

マリア・カザレスって、「天井桟敷の人々」の、あの気弱な女性役だよね~???
数年の違いで、おっそろしい!!
けっして自分を粗末にせずに、最終的には上手に生きて良かったけど、
国王(領主?)に身を任せる決意のところは、ホントにお互い、ド迫力の演技でした。
甥を好きになるとは、血のつながらない叔母、なんだよね?

もう一人の女性は、ホントに可愛らしくて、役柄も結構良いけど
こうして見ると、スタンダールって、ワンパターン的な???
同じ俳優使うから、混同する人もいるかもしれない。

“演出とフィルムがいまいちで・賞”





<<2-1395  麦の穂をゆらす風 | BLOG TOP | 2-1393  赤と黒>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -