FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1393  赤と黒

  1. 2011/12/02(金) 23:00:00_
  2. クロード・オータン=ララ
  3. _ comment:0
Le Rouge et le Noir  (赤と黒)  1954年・フランス



赤と黒




 
.


2011年12月2日(金)  セルDVD

監督 クロード・オータン=ララ
主演 ジェラール・フィリップ  (ジュリアン・ソレル 役)

感想
赤も黒も、似合うのだ~!!!
23歳には見えないけど、演技で頑張る、ジェラール様☆

“デジタルリマスター版で美しいで・賞”

キューブリックが正しいのだろうけど、やっぱり見えにくいから、
こうして普通の照明に、ろうそくで本を読むという演出が不自然ではなくて良かった☆
長い話だったけど、全然疲れずに、流れるように見られて、本当に良かった☆

お屋敷の奥様の女優は存命で、「8人の女たち」のおばあさまだなんて、ひっくり返ります!
ジェラール様の短命がつくづく、惜しい・・・。
もう一人の彼女はあまり知らないけど(調べればいくつか見ているかも?)キレイで役柄にに会いますね!

スタンダールさん、ジュリアンが死んで、奥方が3日後に子供たちを抱きながら死ぬ、
というのは甘いよね~愛する人に先立たれて以降が、人生の重みなのに。
♪赤と黒みたいな恋をしています♪ やっとあの歌の意味が分かりました☆





<<2-1394  パルムの僧院 | BLOG TOP | 2-1392 十二人の怒れる男>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31