FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ある結婚の風景  第1話~第6話  

  1. 2010/07/24(土) 23:00:00_
  2. イングマール・ベルイマン
  3. _ comment:0
2-662  ある結婚の風景  第1話  無邪気さとパニック 
 
2-664  ある結婚の風景  第2話  じゅうたんの下を掃除する方法 

2-688-5  ある結婚の風景  第3話  ポーラ  

2-688-7  ある結婚の風景  第4話  涙の谷

2-688-10  ある結婚の風景  第5話  無知な者たち
  
2-688-14  ある結婚の風景  最終回  夜中のサマーハウスで



全て、
1973年・スウエーデン製作
オンエア局  BS2
監督  イングマール・ベルイマン
主演  リヴ・ウルマン  (マリアン役) 
     エルランド・ヨセフソン  (ユーハン役)



ある結婚の風景



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。




 
.


2010年6月26日(土)  
ある結婚の風景 第1話  無邪気さとパニック  

感想
結構な暮らしをしていて、一見何の不満もなさそうな夫婦だけど、3人目が出来て
結局中絶するし、何と言うか、やっぱりねって感じ、理想の夫婦なんてどこにもいないんだよ。



2010年6月27日(日)  
ある結婚の風景  第2話  じゅうたんの下を掃除する方法  

感想
同じ人たちの話と思わなかったので、ビックリガックリ。 しかも前のあらすじやるし。
この回も、ちょっとしたすれ違いと、必死にそれをそうではないように見せる工夫が、滑稽。
妻のやっている弁護士事務所に来る依頼人の女性が悲しかったけど、多いと思うよ。



2010年7月19日(月)  
ある結婚の風景  第3話  ポーラ  

感想
怒涛の急展開!
ポーラって誰よ?と思っていたら、そういう事か~!と。
何と言うかウソばっかり言いやがってよ~!
1・2話ではあんなに奥さんの為に色々としていたのに!!!

すぐに棄てるのに、抱き寄せるなんて最低人間。
しかし妻もバカだね~!
ココまで気づかないなんて普通ではないわ!

あっけない別れ・・・信じられない、日本人ならあぁはいかない
やはり北欧人はそういう点サバサバしているのか?
自分が離婚弁護士なのにね~???

友だちにまで八つ当たり! 知っていたから、メイドも、知らなかったのは自分だけ。
何もかもなくすんだ・・・さて第4話はどうなるのか?
やっぱりココで終わった!



2010年7月19日(月)  
ある結婚の風景  第4話  涙の谷

感想
結局この男は自分が大事なだけで(若い女には愛想が尽きている)
女もやっと色々な事が分かり、半年離れての再会はこうなるだろうという感じになっている。

女にも新しい男が出来て、でも、二人で過ごせば好きで結婚したのだし、
結局逃げるように帰る男と、心せっかく持ち直していたのに、乱れ切る女・・・。

このシリーズを見る意味は何だ?拷問か?と思うけど、
いつか見る「サラバンド」の為だと割り切るしかないね~!

あと5・6でどうなるのか?
最初にあらすじを言ってくれるから良いわ!

しかしホトンド二人芝居、この回は完全に二人だけで、子供が居るのに存在感が薄く、
やっぱり映画だなって感じです。



2010年7月21日(水)  
ある結婚の風景  第5話  無知な者たち  

感想
離婚する・しないで、どこまで引っ張るのか?
しかし「殺してやる」という言葉が出て、ああとうとう本音と思いました。



2010年7月24日(土)  
ある結婚の風景  最終回  夜中のサマーハウスで

感想
結婚して10年、別れて10年、

この監督はやはり一筋なわではいかなかった。
何なんだこの関係は?
でも、結婚していないと、子供や実家やお金の事を考えずに付き合えるのかもしれないけど、
それにしても・・・日本人では考えられないと思うわ。

これから1年に一度とか会うのかな?
嫌だなあ・・・そういうの・・・。








<<2-688-15  ショコラ | BLOG TOP | 2-688-13  クーガー荒野に帰る>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -