FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-636  フォッグ・オブ・ウォー  マクナマラ元米国防長官の告白

  1. 2010/05/30(日) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
THE FOG OF WAR ELEVEN  LESSONS  FROM  
THE  LIFE  OF  ROBERT S.  MCNAMARA
(フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白)
(ロバート・マクナマラ 人生11の教訓)
2003年・アメリカ



フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白




 
.


2010年5月30日(日)  BS2

監督 エロール・モリス
主演 ロバート・マクナマラ 85歳

感想
今年3本目の(人間の)ノンフィクションで、見やすい作品だった。
何も言いたくないなら、映画に出るなよと言いたい。
しかし政治家は仕方ないんだろうね、全部を言うわけにはいかないのだし、
上司(彼の場合、大統領)と意見が違っても、従うほかないし・・・

後半多くの時間を割いていたベトナム戦争についてだけど、
勉強になるかな?とか一瞬思ったけど、やっぱり今までと何も変わらなかった・・・
早くやめれば良かったのにね、あの講和シーンを今でも思い出すよ、
戦争はやめても、平和にはならない事を。

そして今もこれからもきっと変わらない、それがすごく怖い・・・
でももしかしたら変われるかもしれない、人間が皆、祈れば、希望を持てるようにと・・・。

細かい音の繰り返しの音楽、これはちょっと恐ろしさ倍増って感じで~~!
過去のニュース映像って、すっごく価値あるわ~!

キューバ危機、って、今の世界で普通に思われているよりずっと危機だったんだ~!!!
幼少時からフォード社長までは、すっごく見ごたえのある、苦労人の出世物語的で良かった。

しかし特にジョンソン大統領への複雑な気持ちを言う時、こういう映画にありがちな
“自慢かよ?”みたいな気持ちになり、醜く感じた。
その後の人生も、全て俺は頑張ったし正しかったみたいな???
ゆっくりと巻き戻して見てみて良かったです。

フォッグ・オブ・ウォー、はそういう言葉があるらしい、戦争は霧のようで、何も分からない、
そんな意味らしいです。


(もしドラの続きみたい)

教訓
1:敵に感情移入せよ
2:理性は頼りにならない
3:自己を超える何かがある
4:効率を最大限に高めよ
5:戦争にもバランスが必要だ
6:データを集めよ
7:信条や見聞にはしばしば間違いが
8:論拠を再検証せよ
9:善をなさんとして悪をなすことも
10:決してとは決して言うな
11:人間の本質は変えられない

もしドラをココに書きます。
組織の定義付け
家庭の事業
家庭は個人が幸せになる為にある
個人の魂が進歩するためにある

マーケティング
顧客は家庭の構成の全員
家庭の人が求めているものとは個人ずつにある?
求めているものと不満
自分への理解を求める

自己管理
どうすれば人のやる気を起こさせるのか

強みを生かす

イノベーション
(革新)
新しい満足を生みだす
外に変化をもたらす

人は最大の資産である





<<2-637  ラ・ジュテ | BLOG TOP | 2-635  闇の子供たち>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31