FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-635  闇の子供たち

  1. 2010/05/29(土) 23:00:00_
  2. 阪本順治
  3. _ comment:0
闇の子供たち  2008年・日本



闇の子供たち




以下、内容に触れていますので、お気を付けください。




 
.


2010年5月29日(土)  日本映画専門チャンネル

感想  坂本順治
主演  江口洋介  (南部役)

感想一部抜粋
イヤ全く参った、最後のこと、真相は、闇の大人だった!
一筋縄でいかない監督、いや早や全く!!!
首つりを連想させる黒いロープをたらし、隠した記事や、写真たて、
何もかも、押しつけがましくなく、あの二人が淡々と荷物の整理をしている姿・・・。

宮崎あおいの役柄が怖かった。
何であそこまで必死になるのか?
何の説明もないので、ちょっと頭がおかしい人間だとしか思えなかったし、
怖い顔ばっかりで、魅力半減、あのド下手くそな歌を聴いた後の私としては、
全く魅力無し・ゼロと言う事です。

江口洋介は上手だった、不審なシーンは2ヶ所(ほぼ同じ個所)だったけど、
ついつい忘れていて、ラストになって初めて思い出す始末。
東京でタイのような顔して子供に電話していて、ちょっと変と思ったけど、
奥さんと離婚しているからだと思い込んだ。

豊原君や佐藤浩市、鈴木さわ、他の日本人はちょっとずつで上手だった。
(特にブッキーは良かった、成長したね)
タイ人の人はよく分からなかったけど、本当に悪者に見えたりしたから、上手だったんだと思う。

子供たちはね・・・エイズで死ぬ子、最後前からは人形だったと思うけど、
現実にあるんだろうね・・・幼児売春、親が売る、虐待の限り、最後は臓器を取り出す、生きたまま、
病気になった子はゴミ袋へ、客が殺した子は、金で解決・・・・

ラストシーンがあの二人(エイズで死んだ子と心臓を取り出される子)の元気な頃の水遊びの
シーンで、あと日本人の親子がその後どうなったのかも、示さず、
全く違う方向に目を向けて終わらせる・・・これは監督の手腕ですわな、こわ~!

もしあの日本人夫婦の立場ならどうしただろうか?
今は日本人も子供の臓器提供認められるけど、
やっぱり私は、人が死んで初めてもらえる臓器をもらってまで、生きたくない。 
(生きたまま提供できる、腎臓、肝臓、骨髄は別)

現実はこれよりひどいと思うし、吐き気するから、もう見たくない・・・でもこの作品のような
素晴らしい映画(色々な意味で)なら見たいと思う。

とにかくもう宮崎あおいは、私の中では完全に終ったな。




<<2-636  フォッグ・オブ・ウォー  マクナマラ元米国防長官の告白 | BLOG TOP | 2-634  ビーン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -