FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-634  ビーン

  1. 2010/05/28(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
BEAN  (ビーン)  1997年・イギリス



ビーン




 
.


2010年5月28日(金)  ムービープラス

監督 メル・スミス
主演 ローワン・アトキンソン

感想
ビーンさんって名前は知っていたし、面白い人で有名だったけど、
今回初めて見て、色々と考えたし、感じたよ~!
何も知らなかったけど、テレビシリーズだったらしく、
日本では不定期オンエアなのに人気があったらしい、私でも名前はよく知っているものね!

この映画の感想です。
最初、このビーンと言う人は喋らずにおかしい事をするだけか?と思っていたら、
ちゃんと喋ってちょっとビックリ!
でもあの太い低い声がとっても良かった☆

ドタバタでもあるのだけど、本人的には一所懸命その場その場でやっているだけのことで、
美術館の警備の人だけ、ものすごくお気の毒だったけど、
他の人については「チャンス」という映画と同じように社会風刺を感じた。

特に5000万ドル(って50億円???)もする絵のことで、
すり替えても誰も気づかなかったり、最後ビーンさんの寝る部屋に顔を書き替えたまま飾ってあったり、
博士としての挨拶の時に芸術が分からない将軍(お金を出した人)にすごく受けたことなどで、
人間はこの絵に価値がると人に言われると信じるだけで、
自分では判断していないという事がハッキリと分かったし、

医者にさせられた時に、弾丸をあれこれせずに手で取り出したり、
ロバート?の娘の件ではショックを与えようとして、自分がショックになり、
ぶつかっただけで治ったり、そのお礼が観光だったりで、

人間が決めつけている価値は、偉いと言われる人に言われるまま覚えているだけで、
実はそうではないという事・・・が面白かった。

ギャグ的なところは、わはははは~と笑って、実は蔑んでいるかもしれないけど、
映画としての娯楽と軽い気持ちで思えばそれで良いと思いました。





<<2-635  闇の子供たち | BLOG TOP | 2-633  グーグーだって猫である>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -