FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


青いターバンの少女 

  1. 1984/10/10(水) 21:00:00_
  2. 好きな事・モノ
  3. _ comment:0
2009年12月17日の記事







 

.


ブックマークにある 「シネマ・イラストレイテッド」 素晴らしいイラストと共に お好きな映画のレビューをされている
mardigrasさんのブログですが、最新記事は「ギャラリー」と題して、今までの数々の俳優さん・女優さんのイラストを
集めてアップしていらっしゃいます。すごく素敵ですよ~!是非、皆さんもご覧下さいね~。

今日は、その 「ギャラリー」 の記事にあった “真珠の耳飾りの少女” というタイトルのフェルメールの
有名な絵についてです。 miriは、昔、この絵を見たことがあります。23歳、一人で県立美術館へ出かけました。

宣伝文句は 「マウリッツハイス王立美術館展」 「レンブラント、フェルメールと オランダ絵画の黄金時代」
「モナリザに匹敵する幻の名画! 門外不出のフェルメールの名品 “青いターバンの少女” この街初公開!」 です。

多分、レンブラントが好きで見に行ったのだと思いますが、
このチラシや入場券の絵も この絵ですので、やはりその時も フェルメールのこの絵が メインだったでしょうね。
その時は結構ゆっくりと見られた覚えがあります。9年前の大騒ぎとは ちょっと違って、割りと混雑していなかったような印象です。
ファイルにキチンと 糊付けしてあるこれらのうち、絵ハガキは あまり有名ではない人の絵のようで、
右下にひと言 「行くのが 遅くなって いい 絵ハガキが 買えなくて 残念!」 と書いてあります。

そして今回 miriの疑問だった この絵のタイトル、やはり今は “真珠の耳飾りの少女” となっていますが、
この時は “青いターバンの少女” 同じ絵だという事がハッキリと分かって、腑に落ちました。
(9年前は色々と忙しい時期だったし、、何も調べる手段もなく、何となく昨日まで疑問に思っていました)
 「真珠の耳飾りの少女」 というタイトルの 映画があるそうで、未見ですので、いつか見てみたいです。
数年後に 大人気のこの絵が再び日本に来る時には、どんな騒ぎになるかしら?と、今からちょっと心配です。





4コメント


Unknown (宵乃)

2009-12-17 16:33:27

皆さん芸術に触れてらっしゃるんですね。わたしはこんなに有名な絵は見たことない気がします。(小さい頃、よく両親に美術館などへ連れて行かれたけど、覚えてない・・・)
でも、フェルメールは結構好きで、学校に張られていた「開けた窓辺で手紙を読む少女」の大きなポスターを、先生に頼んで譲ってもらったことがあります。
この時代の空気と静寂をそのまま切り取ってきたような美しさがありますよね。肌の透明感にも惚れ惚れしてしまいます。

”青いターバンの少女”に”真珠の耳飾の少女”ですか。古い絵画のタイトルって、誰が決めてるんでしょう?
今はネットで簡単に調べられて、昔から謎に思っていたことが解決すると嬉しいですよね。

追伸:これからは病気のときも堂々としてますね~(笑)



宵乃さん、コメントをありがとう☆ (miri)

2009-12-18 09:51:32

>(小さい頃、よく両親に美術館などへ連れて行かれたけど、覚えてない・・・)

お幸せな幼少期をお過ごしですね~!

>「開けた窓辺で手紙を読む少女」の大きなポスターを、先生に頼んで譲ってもらったことがあります。

この絵は知らなくて、検索して見ました。素敵な絵ですね。雰囲気があります☆

>この時代の空気と静寂をそのまま切り取ってきたような美しさがありますよね。肌の透明感にも惚れ惚れしてしまいます。

フェルメールという人の事はよく分かっていないようですね。でも、彼の遺した作品は、後世の私たちに、本当に素晴らしい感激を与えてくれますね!

>古い絵画のタイトルって、誰が決めてるんでしょう?

多分、財団?みたいなところ?かしら?詳しい人に聞かないと・・・。

>今はネットで簡単に調べられて、昔から謎に思っていたことが解決すると嬉しいですよね。

そうですね、今回に限らず、ネットがなかった時代には、自分で調べるにも限度があったし、平和利用すれば、本当に良い時代です!

>追伸:これからは病気のときも堂々としてますね~(笑)

いえいえ、病気のときはゆっくりしてほしいのです。そして治ったら堂々としてくださいネ~♪



Unknown (mardigras)

2009-12-18 10:56:16

うわ、紹介してくださったんですね。ありがとうございます!なぜかわかりませんが、1990年代末からブームがはじまって、ここ数年は観たことのないフェルメールの作品が続々来日してとてもうれしいんですが、すごい人出で、なかなか絵に近よることができないんですよね~。「開けた窓辺で手紙を読む少女」も数年前にやってきましたが、やはり遠くから眺めるだけでした。2012年は、きっとすごいことになると思いますよ~!



mardigrasさん、コメントをありがとう☆ (miri)

2009-12-18 15:59:44

>1990年代末からブームがはじまって、ここ数年は観たことのないフェルメールの作品が続々来日してとてもうれしいんですが、

全然知りませんでした。これから気を付けてニュース等を見たいと思います。

>すごい人出で、なかなか絵に近よることができないんですよね~。「開けた窓辺で手紙を読む少女」も数年前にやってきましたが、やはり遠くから眺めるだけでした。

やっぱりハーグに飛んで行かれるわけですよね・・・。

>2012年は、きっとすごいことになると思いますよ~!

そうですね・・・我が街にも来るでしょうか?東京だけだったりして!
ちょっとだけ期待して楽しみに待っていたいと思います♪






<<438・On Golden Pound (黄昏) 1982 , USA & Eng. | BLOG TOP | 437・積木くずし 1983、日本>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -