FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-168)  危険がいっぱい  (2回目)

  1. 2013/07/17(水) 23:30:00_
  2. ルネ・クレマン
  3. _ comment:0
再見  LE CRIME ET SES PLAISIRS  (危険がいっぱい)  1964年・フランス



危険がいっぱい  新画像




 
.


2013年7月17日(水)  BS3

監督 ルネ・クレマン
主演 アラン・ドロン  (マルク 役)

感想
面白かった!
初見同様、この監督の中では、ものすごく分かりやすくスッキリとした作品。
そして軽いしね!
ドロンファンが泣いて喜ぶ作品・笑。

ジェーン・フォンダってフランス人の妻だったせいか、英語同様フランス語も喋れて凄いわ~!
内容はケッっていう感じだったけど、それでも娯楽作品としては、秀作に近かった☆

*****************

ドロン・ファンが泣いて喜ぶ作品・笑。 
内容は「ケッ」っていう感じだったけど、それでも娯楽作品としては、秀作に近く面白かった。 
この監督の中では、ものすごく珍しく、軽く、とても分かりやすく、スッキリとした作品だった。 



初見時感想はこちら  →  危険がいっぱい(64・仏) ・・・ 1-168





<<2-2251  男はつらいよ 純情編  | BLOG TOP | 2-2250  現金に体を張れ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -