FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-463)  白い家の少女  (2回目)

  1. 2012/07/14(土) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
再見  THE LITTLE GIRL WHO LIVES DOWN THE LANE 
(白い家の少女)  1976年・カナダ/フランス/アメリカ



白い家の少女





 

.


2012年7月14日(土)  レンタルDVD

監督 ニコラス・ジェスネール
主演 ジョディ・フォスター (リン 役)

感想
ジョディは結構(見た目が)子供だったんだな~と、今だから思う。
昔は自分も子供のようなモノだったから、
こうして年十年も後で見ると、見ていた自分も、
出演していたジョディも変わったんだな~と思いました。

映画そのものは特に駄作とか悪くはないです。
メッチャ良いわけではないけど、まぁ見安かった。

マーティン・シーンは、この作品に出てどう思ったんだろう?
そのあたりを知りたかったりして。

しかし見た目子供の13歳の少女役にしては、
よく見ると凄い役柄ですよね~
まぁこころの隙間を、本当の愛と錯覚したのでしょうけどね・・・。

あと今回の年齢で見て、気になったのは
父親なる人物のやり方ですよね~
やっぱ小説とかではね・・・



*****************************



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



本当はそうではないの愛情は、
自分は死んではいけなかったの、病気でどうしようもなくなる前には。
そう、母親の殺し方ではなく、この子の生き方を、ちゃんと
ちゃんとおしえなければいけなかったのよね・・・
そのあたりかなり残念ですが、

ラストシーンと言い、映画的には良かったです☆
ウイッキのあらすじ、間違っていますよ、信じないようにね~。
gooのあらすじは、間違っているというより、足りない、足りない、です。




初見時感想はこちら  →  白い家の少女 (76・米) ・・・ 1-463 





<<2-1729  時雨の記 | BLOG TOP | 2-1728  おにいちゃんのハナビ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -