FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-413)  ダイヤルMを廻せ!  (2回目)

  1. 2012/04/12(木) 23:00:00_
  2. アルフレッド・ヒッチコック
  3. _ comment:0
再見  Dial M for Murder  (ダイヤルMを廻せ!)  1954年・アメリカ



ダイヤルMを廻せ




 
.


2012年4月12日(木)  レンタルDVD

監督 アルフレッド・ヒッチコック
主演 レイ・ミランド  (トニー 役)
    グレース・ケリー  (マーゴ役)

感想
覚えていた謎解きと、大まかな内容はそのままでした。
やっぱりカラー映画で、特典映像でも、その件はハッキリとしました。
(いかにも50年代らしいカラー)

今回の感想としては、
やっぱ名作を見ると、それだけで良いと思えるという事です。

時間が気にならず、一気に見てしまう映画は本当に少ないけど、
この映画は多分ヒッチさんの中でも秀作だと思いました。

もちろん細かい事は色々とあるけど、
元々が舞台劇で、それを映画化するからと言って
広げすぎず、ホトンド一室での出来事、
たまに外や別の場所、舞台を生かして、
でも映画としてカメラの位置等で、特色を出していました。

グレース・ケリーはこの作品でも気品ありました。
ちょっと前に見た「失われた週末」のレイ・ミランドさんも、
この作品が代表作のようですね。

妻の彼氏の人も、警部さんも、皆、良かったです♪




初見時感想はこちら  →  ダイヤルMを廻せ(54・米) ・・・ 1-413 





<<2-1582  メリーに首ったけ | BLOG TOP | 2-1581  ホッタラケの島 ~遙と魔法の鏡~ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -