FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-419)  イン・ハー・シューズ  (2回目)

  1. 2017/12/27(水) 23:00:00_
  2. カーティス・ハンソン
  3. _ comment:0
再見  In Her Shose  (イン・ハー・シューズ)  2005年・アメリカ



イン・ハー・シューズ




 
.


2017年12月27日(水)  ザ・シネマ  (初見時とは違うオンエア)

監督 カーティス・ハンソン
主演 キャメロン・ディアス / トニー・コレット

感想
このブログに初見時感想をアップしていなかったので
今更ですが、さっき、アップしました、一部抜粋ですが。

この映画は良いね~!
「☆」になってしまったので、6本が7本に、追加しときます。

ホントに良いね、胸にしみじみと来るよ・・・。
初見時感想はほとんどそのままだけど、

継母の事だけちょっと
そうね、私も義理の親子の難しさを感じているので、
彼女には彼女の悩みもあって、頼るのは再婚相手である姉妹の父親しかいないから
ああなるのは、深く理解できました。

あと、妹の役柄ですが、今思うと、あれは学習障害で、
姉が弁護士になるほどの才女だから余計・・・なんだよね・・・
時代が違えば、ちゃんと教育してもらえたと思うよ。

でもほんと、誰もが「自分の居場所」を見つけて生き生きと生きる事が大切だと
しみじみと思うよね・・・。

この監督さんは、ハンコックさん(「しあわせの隠れ場所」の)と違って
凄く冷たい目線を持っていると思う、
でも、だからこそ、温かい真実の心を知ってしまうと、どうにもならないよね~!
残念ながら他界されたけど、今後も未見作品も見たいです。
(全部が全部良い作品とは思いませんが、良い監督だと思います)

号泣に近くなり、お恥ずかしい・・・。

あ、あと、この作品も「第七の封印」と同じように
初見時と再見時の翻訳が違いました。
重要な部分ではなかったので通り過ぎましたし、
何と言っても英語だからね・・・
スウエーデン語とかは何かちゃんとした指標をもって訳してほしいですね!



初見時感想はこちら  →  イン・ハー・シューズ(05・米) ・・・ 2-419




<<(1-524)  女王蜂  (2回目) | BLOG TOP | (5-62)  第七の封印  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -