映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-1320  七つの顔

  1. 2017/08/25(金) 23:00:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
七つの顔  1946年・日本



七つの顔




 
.


2017年8月25日(金)  セルDVD

監督 松田定次
主演 片岡千恵蔵

感想
いや面白かった!
そりゃあ終戦直後の作品だからフィルムはボロボロだし、
内容も今現在の目線から見ると「トロい」かもしれないけど、

私的には大昔に小林旭さんの「多羅尾伴内」見たことあるし(内容は忘れてるけど・笑)
「ある時はなんちゃら」というセリフに親しみ深い世代ですし
ちゃっちー事にはこだわらない方なので本当に楽しめました。

残酷なところも一部ありましたが、
エグイとかそういうのはなかったし、

大昔の人でも、今の人間と同じ、
きょうだいや好きな人への大切な思いを持っていて、
そのあれこれがとっても心地よく、

また、コメデイ風にしてあるところ、
女性同士のメンバーの様子、
最初の「天井桟敷の人々」っぽいところ、
いろんなところ惹かれましたね!

サスペンスの内容は、多分、この当時ならすごくウケたのではないでしょうか?
そうでなければシリーズ化なんかされなかったですよね?

この後けっこう長い間に合計11作品できたようです。
私の生まれる前に終わったようですが、
そのずっと後に小林版が作られたのだと思います。

「七つの顔」というタイトルで「もしかして?」って思ったけど
実際むっさいおじさんが「多羅尾伴内です」ってあらわれたとき、
いえ、魔術師を見た時から、これは・・・って思って

けっこうドキドキして見られたし、あっという間に終わって
楽しい鑑賞になりました☆




<<5-1321  スローターハウス5 | BLOG TOP | 5-1319  インサイド・ルーウィン・デイヴィス  名もなき男の歌 >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -