FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-590  墓石と決闘

  1. 2014/11/05(水) 22:00:00_
  2. ジョン・スタージェス
  3. _ comment:0
HOUR OF THE GUN  (墓石と決闘)  1958年・アメリカ



墓石と決闘





 
.


2014年11月5日(水)  BS3 
監督 ジョン・スタージェス
主演 ジェームス・ガーナー / ジェイスン・ロバーツ



感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

>9/16「墓石と決闘」
> あちゃー、再見だった!でも、前に観た時より顔を判別できるようになって楽しめました。最初から復讐するつもりだったんだろとワイアットに詰め寄ったり、偽善者になりたくないとこぼすワイアットに「ぜんぶ偽善さ。戦争や法の下なら人を殺していいなんてな。」というような事を言うドクに痺れます。前半の裁判でつい口を出して裁判長に怒られるドクも微笑ましかった。

やっと見ました☆
宵乃さんが書かれている事も良かったです・・・が、後で謝っていましたよね(笑)。
「この前言ったことは悪かった」とか(笑)。

ドク役のジェイスン・ロバーツは、昔から「ジュリア」とか「大統領の陰謀」とかで、
渋くてカッコ良くて好きな俳優でした☆
ここ数年で見たのでは「砂漠の流れ者」がいっとうかな?
この映画でも良かったですネ!

しかしこの監督は、この話が好きなんですネ~!
もしかして「ライフワーク」???
ワイアット役のジェームズ・ガーナーも良かったですね(「夕陽に立つ保安官」)。

お話自体は事実を元にしているので文句をつけるのもアレですが、
結構古い作品で驚いたのと、脚本自体は良かったように思いました。
でも、まぁ、女性が出て来ないので、自分的には退屈でした(笑)。





<<(2-136)  陽はまた昇る  (殿堂入り) | BLOG TOP | (1-537)  エマニエル夫人  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -