映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-1593)  小早川家の秋  (2回目)

  1. 2017/09/01(金) 23:00:00_
  2. 小津安二郎
  3. _ comment:0
再見  小早川家の秋  1961年・日本



小早川家の秋




 
.


2017年9月1日(金)  初めてのAmazonビデオ♪

監督 小津安二郎
主演 案外、新球三千代かもね?

感想
初めてAmazonビデオを利用しました☆
楽天レンタルがなくなってから、ほぼ借りるという事がなくなり
(VHSも最近はご無沙汰で)
こういう手があったんだと思うと目から鱗っぽくって。
なかなかオンエアしない作品でどうしても見たいものは今後はこれでいきます!
画質は良かったです、鴈治郎さんに睨まれて怖かったです(笑)。

内容としては、司葉子の役柄がいじらしくて可愛かったです。
原節子はどうしても関西弁は使いたくないんだろうね、小津君はそれで良いんかい?
まあふたりはそうだったんだろうし、仕方ないけど、この作品では浮いていたよ。

あの競輪場って西大寺のそばにあるか昔あった場所だろうね?
10年位前に秋篠寺に行ったときに寄りました。
初見時は全く気付かなかった。

まぁ、現役時代も遊び人で奥さん泣かせた人だから
こういう立場になってお金もあれば仕方ないんだろうね・・・
倫理上良くなくても、それを冷静に映すのが面白いです。

私の父もどういう理屈言うか、
一度小津君に撮ってもらえば良かったのにね(笑)。

長女って辛いのよね・・・
婿さんもね。
あの子供ちゃん、小津映画に出ていた子だよね?
大きい方は見たことないけど、
この作品では従兄弟の触れ合いをちょっとだけどちゃんと描いていて好感♪

しかしあの愛人の娘さん、すごいよね(笑)。
年齢からいうと私の母親と同世代なんだけど、育てられ方でああなったんだろうね、
一瞬これは戦争直後の話か?と誤解したくらい(笑)。
ミンクって今はNGだから分からない人もいるかもね?若い人では。

あの場所でああなったこと、初見時と違って腹立たしさを感じました。
ただ、映画としてはそれが一番だったんだと納得できますが。

最終シークエンスの流れ方は、小津映画の真骨頂かもね?
笠智衆の使い方が初見時は笑っていたけど、今回は考え尽くされたように思い、脱帽。

その他、登場人物や物語の進み方で、いろいろとお腹いっぱいになる作品。
当分再見しないけど、今度CSでオンエアあったら保存します。
作品の出来はその他の作品同様に良かったです。

あと「宗方姉妹」で終わり、来月見ます。
(やっぱり「東京物語」と「浮草」だけは出来が違うね☆)




初見時感想はこちら  →  小早川家の秋(61・日) ・・・ 2-1593 





<<(2-453)  ダーティ・ダンシング  (2回目) | BLOG TOP | 2017年7~8月の映画鑑賞についてのまとめ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -