FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-329)  悲しみよ こんにちは  (殿堂入り)

  1. 2015/06/26(金) 23:00:00_
  2. オットー・プレミンジャー
  3. _ comment:0
殿堂入り  Bonjour Tristesse  (悲しみよ こんにちは)  1958年・アメリカ



悲しみよこんにちは




 

.


2015年6月26日(金)  BS3

監督 オット―・プレミンジャー
主演 ジーン・セバーグ

感想
とても美しいBS3の映像に酔いしれました。
再見時のレンタルDVDも美しかったと思うけど、より良くなっていたように思いました。

原作の事はすっかり忘れているけど、もう少しセシルが悪い子だったように思います。
この映画では最終盤に入るところで、アンヌを引きとめているからね~マシでは?

まぁ内容はどう考えても、母親が死んだ後の15年間、あの父親に
この子を育てさせたのが間違いだった、というだけのモノでしょうし、
多分そういう考えはこの場合野暮なのでしょうし・・・。

今回特に思った事のウチのひとつ目が、
あの家政婦さんが必死にお酒を自分のグラスについで
皆の目を盗んで(?というより堂々と?)飲んでいた事に笑えた事で、

もう1つはラストシーンの涙に、この映画とは何の関係もないけど
自分的にも取り返しのつかない事を想い、セシルと一緒に泣けたという事です。
そうそう、セシルのファッションにも初めて見入ったかもです?

グレコの歌は、やっぱききました♪



初見時等の感想はこちら

悲しみよ こんにちは(58・米) ・・・ 1-329
悲しみよ こんにちは(58・米)(2回目) ・・・ 1-329




<<(2-1675)  誓いの休暇  (2回目) | BLOG TOP | (2-1344)  たそがれの維納  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -