FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1354  チーちゃんごめんね

  1. 2011/11/08(火) 22:30:00_
  2. 西河克己
  3. _ comment:0
チーちゃんごめんね  1984年・日本



チーちゃんごめんね




 

.


2011年11月8日(火)  チャンネルネコ

監督  西河克己
主演  秋吉久美子  (成田敦子 役)

感想抜粋
この人の実話は、高校生の時に読んだ本で知っていました。
よく覚えています。

人気者のラジオDJだったのですが、現役当時は
まだ私は小学生の頃で、全然知らない人でした。

でも読んだ本の印象が強くて、内容とか、文章とかよりも、
その人が書いた本当の文字が載っていて、
その文字がどんどん乱れてゆくのですよね・・・

最後は何を書いているのか全然読みとれないけど、
娘さんのチーちゃん(当時保育園児だったらしい)に
深い想いを残して他界なさった事は、
何も知らなかった高校生にも、よく分かりました。

今の私がこの映画を見ると、
監督が百恵ちゃん達の映画を撮るような人なので、
あまり映画としては「・・・」で、
彼女の生きた道をたどるのが精いっぱいだったような気がしましたが、

それでも最後は号泣・・・事実に基づいた作品は泣く事が多いけど、
やっぱり、浜辺を歩く、チーちゃんとお父さん(の二人だけ)を見ると・・・

どちらも、いけないけど、
やっぱり、チーちゃんがそうなってしまうよりは、
お母さん自身がそうなった方が、
(お母さん自身は)その方が良いのだと思ったに違いないと、思います。

~ 中略 ~

今あるこの身体の生命を粗末にするのは、
成田敦子さんにも 他の先だった人にも 申し訳ないから、
私なりに精いっぱい、生き抜いてゆこうと、
今回この映画を見て、また新たに決意しました☆


“遺族はきっと幸せで・賞”





<<2-1355  華の乱  | BLOG TOP | 2-1353  ベリッシマ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -