FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-535)  インサイド・マン  (2回目)

  1. 2015/08/27(木) 23:00:00_
  2. スパイク・リー
  3. _ comment:0
再見  INSIDE MAN  (インサイド・マン)  2006年・アメリカ



インサイドマン




 

.


2015年8月27日(木)  BS3(初見時とは別のオンエア)

監督 スパイク・リー
主演 デンゼル・ワシントン  (刑事 キース・フレイジャー役)
    クライブ・オーウェン  (強盗のリーダー ダルトン・ラッセル役)



以下、感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

何故か急に再見したくなり、見てしまいました☆
ホントは別の初見作を見る予定が・・・笑・・・最後の1本、なのでそっちは来月回しです・笑。

それで、再見したい とか します とか 書いていたくせに、
今まで一度も見なくてすみませんでした。
当時は宵乃さんの記事がすごいのでビックリしました。 
今回はかなり冷静に、ネタばれ知って安心しながら見て、
少しはコメント書かせて頂けそうな気が・・・。
でも5年以上経っているので、ココから下に書く事は、
宵乃さんの再見後に読んで頂いてもけっこうです、ハイ☆

>反抗して殴られた(フリに見えた)支店長が会長の秘密を犯人に教えた張本人かなぁ…と思って観ていたんですが、ちゃんと怪我してましたね。少なくとも内通者だとは思いますが、犯人たちが車で顔を合わせた時にはいませんでした。

内通者ではないと思います。 
その後銀行に勤められないような気が・・・。 
あの人支店長だったのですか?

>覆面を嫌がって連れて行かれた人質の男もたぶん共犯で、トイレ掘りに回されていたと思います。

これは違うような気が? 掘るには遅すぎるし??? 
でもそうなのかも? 確認したくなります・笑。

>一週間後に悪事の証拠書類(処分できなかったのは会長の罪の意識の表れ?)と証拠の指輪、たくさんのダイヤモンドを持って正面玄関から悠々と出て行きました。

「証拠の指輪」は、貸金庫に残して、信頼できる人間(フレイジャー)に
調べさせるように仕向けたんですよね~。 
二人はあの短い時間で本当に(うまく書けませんが)分かり合えたんですよね~。

>その時、偶然すれ違ったフレイジャーのポケットにこっそりダイヤの指輪を忍ばせます。

ダイヤの指輪ではなく、小さなダイヤモンドを1つ、です☆ 
これはフレイジャーが結婚したい彼女がいるが指輪も買えないと言っていたので、くれたんですよね・・・
まぁあの証拠の指輪の事を調べるお駄賃というわけではないと思うけど・・・。 
素直に貰うかどうかまでは描かれていませんでしたので、初見時は貰うと思ったけど、
今回は警察に提出するような気がしました。

>取調べ中に甥がダイヤモンド商だと言っているユダヤ教聖職者のラビ。
>支店長ではなく、この老人が会長の秘密を嗅ぎつけた首謀者だったようですね。
>復讐の切り札である証拠書類を手に、これからフレイジャーが悪事を暴けるか見守るのでしょうか…?

ユダヤ人つながりで、当時は幼かったと思えるあの老人がその事
(あの指輪をしていた人の一足を皆殺しにする事に会長が手を貸した事)を知り、
長年かけて計画し、実行犯を選びに選んで行ったのでしょうね~? 
犯人たちが良いヒトのように見えてしまうのは、やっぱりナチスの犯罪の規模が
民族絶滅という他に類を見ないモノだったからでしょうね・・・。

今後、フレイジャーが、会長と弁護士の妨害に屈せずに、
戦争犯罪を公開できるかどうかは、会長の年齢もあって時間との勝負なのでしょうね~。

実行犯たちは、二度と悪い事をせずに、国外で一生涯おとなしく過ごしてほしいですネ!
長々失礼いたしました。 
自分的には5年半前にあやふやだったことがスッキリして嬉しかったです。 
多分ネットで調べれば分かるんでしょうけど、自分の目で見るのが映画の醍醐味ですよね♪



初見時感想はこちら  →  インサイド・マン(06・米) ・・・ 2-535 





<<(1-366)  陽気なドン・カミロ  (殿堂入り) | BLOG TOP | (2-511)  アンリエットの巴里祭  (殿堂入り)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -