FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-910)  シッピング・ニュース  (2回目)

  1. 2013/06/17(月) 22:30:00_
  2. ラッセ・ハルストレム
  3. _ comment:0
再見  THE SHIPPING NEWS  (シッピング・ニュース)  2001年・米



シッピング・ニュース





 

.


2013年6月17日(月)  レンタルDVD

監督 ラッセ・ハルストレム
主演 ケヴィン・スペイシー



感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

とても良いイラストですね・・・。
最近この映画について気になっていたので、再見しました☆
宵乃さんはご存じな、私が許せないあの場面、あのシーンのことで頭にきてしまい、
良い作品なのに、それ以外のところがよく分からなくなってきて・・・
今回はあのシーンを承知の上で無視する姿勢で見ようと決心して、見ました☆

そしたら、やはり太鼓の音はジュマンジに聞こえてしまうけど
他は見始めたらするする~っと思い出して、
何と言ってもあのシーンの直前にピンと来て
「みなさ~ん、今からジャックさんが○○かえりますよ~」と
誰もいない部屋で一人ではしゃげたし、

何と言っても、そのシーンの意味が、
次のバニーが母親に会いたがるというところに
意味深くつながっていたことを改めて知り、
初見時の冷静さを欠く鑑賞スタイルを反省しました。

ジャックさんの事は、今回、笑い飛ばせたので
まぁ変な意味ですが成長したかな?と(笑)。

>暗いのに妙に楽しい。
>それでいて、考えさせられたり、しみじみ感じ入る瞬間もしっかり描かれているので、重い気持ちにならないけれど印象的な作品になっていると思いました。
>彼らの心情を現すかのように、島の風景のなかにある”家”の様々な表情が映されるのもいい。

このあたり、仰るとおりですね~!

>すべての呪縛から解き放たれた開放的なラストにつながります。

あのラストにつながるバニーの夢のシーンのイラストに
今回とってもこころ惹かれました。
再見して良かったのは、お話の内容とともに
宵乃さんのイラストさえも冷静に見られなかったから
それらが出来た事ですね~!!!

>ダメダメで陰気な男だったクオイルが、確かな希望を抱いた表情に涙がこぼれました。

この映画は結構この監督を好きな人にケチョンケチョンに書かれているようですけど、
宵乃さんの書かれたこの文章だけで、本当に良い作品だと思えますよね~?

最初のおぼれさせられるところから全部流れるような良い作りで、
例のシーン以外は何もかも納得で、本当に再見して良かったです♪
(あとはあの太鼓の音だけだな~笑 いや、嫌いじゃないんですよ、
 なんというか動物とか色々なのが出てきそうで、あたりを見まわしちゃうんですよ~)

o | 2013/06/17 (Mon) 15:08 |
o miri | URL |
o 編集 |





>miriさん
お~、この作品に再挑戦なさるとは。
自分的に許せないシーンがあると、なかなか冷静に観られませんし、ましてや再見となるとすごい覚悟が必要です。頑張りましたね~!

> 「みなさ~ん、今からジャックさんが○○かえりますよ~」と
> 誰もいない部屋で一人ではしゃげたし、

パチパチパチ~、miriさんの嬉しそうな姿が目に浮かびます♪

> 何と言っても、そのシーンの意味が、
> 次のバニーが母親に会いたがるというところに
> 意味深くつながっていたことを改めて知り、
> 初見時の冷静さを欠く鑑賞スタイルを反省しました。

いえいえ、こうやって再挑戦されているんだから、映画に対してとても誠実だと思いますよ。冷静さを欠いていても、心で感じたものは拒絶しなかったのでしょう。

> あのラストにつながるバニーの夢のシーンのイラストに
> 今回とってもこころ惹かれました。

ありがとうございます。勇気を出して再見することで、miriさんもたくさん得るものがあったようだし、わたしもこうしてイラストを楽しんで頂けて嬉しいです♪

> この映画は結構この監督を好きな人にケチョンケチョンに書かれているようですけど、宵乃さんの書かれたこの文章だけで、本当に良い作品だと思えますよね~?

またしても嬉しいお言葉!
この監督のファンにはあまり人気のない作品だったんですか~。そんなに観てる訳じゃないけど、私的にかなり上位なのになぁ…。
でも、一緒にこの作品を楽しめるお仲間が増えたので良し!

> 最初のおぼれさせられるところから全部流れるような良い作りで、
> 例のシーン以外は何もかも納得で、本当に再見して良かったです♪
> (あとはあの太鼓の音だけだな~笑 いや、嫌いじゃないんですよ、
>  なんというか動物とか色々なのが出てきそうで、あたりを見まわしちゃうんですよ~)

再見するたびに良さがわかる作品かもしれませんね。
ジュマンジの音楽は一度結びついちゃうと離れないか~(笑)
あの島ではホエールウォッチングが出来るそうなので、鯨の群れを思い描いたらいいかも?
o | 2013/06/18 (Tue) 10:32 |
o 宵乃 | URL |
o 編集 |



初見時感想はこちら  →  シッピング・ニュース(01・米) ・・・ 2-910





<<2-2203  神々と男たち | BLOG TOP | 2-2202  キャデラック・レコード 音楽でアメリカを変えた人々の物語>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -