FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-317  河童のクウと夏休み  (旧gooブログの記事)    

  1. 2009/06/22(月) 23:30:00_
  2. 原恵一
  3. _ comment:4
2009年7月8日の記事
タイトル 「映画の神さま 11・分かるものは分かる」



河童のクウと夏休み




 
.


少し前に、動物の出演する映画を続けて見ました。「皇帝ペンギン」 「川の光」 「河童のクゥと夏休み」 です。

「皇帝ペンギン」は、とても映像が美しく、彼らの一年間を追う記録映画的作品ですが、ストーリー仕立てになっています。
「川の光」は、NHKが「エコ」を考えるために作った、クマネズミの親子が主人公のアニメーションです。
「河童のクゥと夏休み」は、2年前に話題になった、もちろん主人公は “河童のクゥ” の劇場公開アニメです。
・・・もう少し前に見た 「子熊物語」 も含めて、動物の出演する映画には、特徴があると思います。
それは前にもアップしましたが “言葉は要らない”という事です。

今回、特に 「河童のクゥと夏休み」 を見た感想ですが、
「ウソをつくのは人間だけ」 この台詞が、この長い映画の一番の「キモ」だと思いました。

河童・竜神様・犬・動物一般・座敷わらし・シーサー・妖怪一般・・・
彼らの特徴は、言葉でなくても “分かるものは分かる” という事です
クゥが竜神様が登場した時に、何も言わなくても “自分から、竜神様の世界へ戻ってはいけない” と分かったり、
沖縄からの葉書きを見て、言葉がなくても、人間からの葉書きではないと分かったこと・・・

それはmiriも、いつも、分かること、同じような気がします。言葉もなく、科学的には証明されないけれども。
空を見て分かること、お花を育てて分かること、風や光や歌が教えてくれること・・・。

分かるものは、分かるのです。そして、そのことを、miriがそう信じ続けることも、
信じてもらいにくい人に対して、そういうことを伝え続けても良いんだよって、
今度の映画の神さまは、そう教えてくれました。






<<2-318  プロデューサーズ | BLOG TOP | 2-317  河童のクゥと夏休み >>

comment

こんにちは。

  1. 2010/07/14(水) 11:59:30 |
  2. URL |
  3. アスカパパ
  4. [ 編集 ]
トラックバックありがとうございました。
miriさんのレビューを拝読しました。

>河童・竜神様・犬・動物一般・座敷わらし・シーサー・妖怪一般・・・
彼らの特徴は、言葉でなくても “分かるものは分かる” という事です

その通りですねぇ。
犬の“ワン”一つ採っても、嬉しいワン。怒っているワン。楽しげなワン。悲しいワン。みんな解ります。
野菜だって分かっていると思います。私の体験ですが、「胡瓜なんて、何もしなくても採れる」と言った年、胡瓜が怒って実がなりませんでした。ほかにも似たような体験があります。
そんな野菜達が、昨今の大雨で、いま、泣いています。(西瓜が殆ど全滅しました)私事ですみませんでした。


>それはmiriも、いつも、分かること、同じような気がします。
>言葉もなく、科学的には証明されないけれども。
>空を見て分かること、お花を育てて分かること、
>風や光や歌が教えてくれること・・・。

>分かるものは、分かるのです。
>そして、そのことを、miriがそう信じ続けることも、
>信じてもらいにくい人に対して、そういうことを伝え続けても良いんだよって、
>今度の映画の神さまは、そう教えてくれました。

わぁ~、素晴らしいmiriさんの‘愛の詩’ですね。
感動しました。

miriさんが、そう信じて居られることを、私も信じて居るつもりです。
本当に、この世には、科学的に証明されなくても、不思議なことが存在することを、私事ながら体験しています。

どうぞ、信じて貰い難い人にも、それを伝え続けてくださいね。

アスカパパさん、こんばんは☆

  1. 2010/07/14(水) 20:14:07 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

> 犬の“ワン”一つ採っても、嬉しいワン。怒っているワン。楽しげなワン。悲しいワン。みんな解ります。

お優しいのですね・・・私は動物は実は苦手なのですが、この映画などを見ると、
動物と仲良くできたら良いなぁと思います。
(苦手と言うより、怖いのです、子供の頃、犬に追いかけられて、噛み付かれそうになったことがあって・・・)

> 野菜だって分かっていると思います。私の体験ですが、「胡瓜なんて、何もしなくても採れる」と言った年、胡瓜が怒って実がなりませんでした。ほかにも似たような体験があります。

そうです!それは分かります!
お花に「咲かないからダメな花だ」とか言っていた人がいて(私ではありません)
やはりお花は咲きませんでした。

お花には、それぞれの「妖精」がいるのですよ~♪

> そんな野菜達が、昨今の大雨で、いま、泣いています。(西瓜が殆ど全滅しました)私事ですみませんでした。

あぁ可哀想・・・
もうすぐ雨が上がりそうですが、その後、修復は、やはり難しいのでしょうか???

> わぁ~、素晴らしいmiriさんの‘愛の詩’ですね。
> 感動しました。
> miriさんが、そう信じて居られることを、私も信じて居るつもりです。
> 本当に、この世には、科学的に証明されなくても、不思議なことが存在することを、私事ながら体験しています。

有難うございます“愛の詩”と仰ってくださり、嬉しいです☆
私が信じているのは、目に見えないモノが存在する、という事です。
そしてその事が、愛に繋がると、信じているのです。

> どうぞ、信じて貰い難い人にも、それを伝え続けてくださいね。

なかなか難しいですが、映画の感想の中でもこうしてお伝えできたら・・・と思います。
押し付けることは、出来ませんが・・・。

では、今日も有難うございました。
そろそろお陽さまのお顔を拝みたいですね~♪

こんにちは!

  1. 2012/10/01(月) 11:27:51 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
「黄金の七人・1+6」は録画してあるので、観終わったら読ませて頂きますね。あと、昨夜は「嘆きのテレーズ」を観ました。とても気に入って、記事にするつもりです。その後にお話ししましょうね~♪

この作品は、実は苦手なんですよ~(もうお話ししてたらごめんなさい)。絵柄とか声優とか表面的なことから、冒頭から人間に罪悪感を持たせようとするやり方とか、終盤クウを追いかけるために犬の傍に誰も残らなかったところなど、いろんな部分で引っかかってしまって。
でも、作品自体は私には合わないものの、miriさんの「言葉でなくても “分かるものは分かる”」というのには共感できます。
科学は有用な道具であって、絶対のものではないですしね。人間が完璧に使いこなせているわけでもないし。
説明のつかないことも確かに存在していると信じてます。

今日の曲は聞き覚えあります!
一気に盛り上がるところの最後の一言くらいですけど(笑)
動画が温かい拍手で始まるのもいいですね~。

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2012/10/01(月) 12:29:36 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
いつもコメントを有難うございます☆

> 「黄金の七人・1+6」は録画してあるので、観終わったら読ませて頂きますね。

それは楽しみです☆

> あと、昨夜は「嘆きのテレーズ」を観ました。とても気に入って、記事にするつもりです。その後にお話ししましょうね~♪

それは良かったです♪
楽しみにして待っています☆

> この作品は、実は苦手なんですよ~(もうお話ししてたらごめんなさい)。絵柄とか声優とか表面的なことから、冒頭から人間に罪悪感を持たせようとするやり方とか、終盤クウを追いかけるために犬の傍に誰も残らなかったところなど、いろんな部分で引っかかってしまって。

ハイ、どこかでお聞きしました。
仰ること、ごもっともだと思う点もあります☆

> でも、作品自体は私には合わないものの、miriさんの「言葉でなくても “分かるものは分かる”」というのには共感できます。

有難うございます♪

> 科学は有用な道具であって、絶対のものではないですしね。人間が完璧に使いこなせているわけでもないし。
> 説明のつかないことも確かに存在していると信じてます。

とても励みになる、力強いお言葉で、嬉しいです!

> 今日の曲は聞き覚えあります!
> 一気に盛り上がるところの最後の一言くらいですけど(笑)
> 動画が温かい拍手で始まるのもいいですね~。

ハイ「マイ・ウェイ」の映画では、
フランク・シナトラさんが主演で歌も歌ってましたが、

このヒトは本当に愛された歌手だと思いますので、
拍手で持って迎えられ、素晴らしい歌声で、こうして見られて良い時代ですよね~!

いつも聞いて下さり、感想を有難う~♪
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31