FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(2-1022)  ニノチカ  (2回目)

  1. 2017/08/17(木) 23:00:00_
  2. エルンスト・ルビッチ
  3. _ comment:2
再見  Ninotchka  (ニノチカ)  1939年・アメリカ



ニノチカ




 
.


2017年8月17日(木)  セルDVD

監督 エルンスト・ルビッチ
主演 グレタ・ガルボ  (ニノチカ 役)



感想の前に

この映画は初見時にすごく感激して、その時は人様にDVDをお借りしていたので
直後に購入して「いつか再見しよう」と思いつつ・もう6年も経ってしまった作品です。

この度、take51さんが鑑賞されると聞いたので
私も再見しようと思い、やっと買ったDVDを見る事が出来ました☆



感想

・・・なんというか・・・
再見しなければ、初見時通りの感想で、一生涯そういう作品だと思っていられたけど
今回、この作品がハリウッドの作る映画作品としては素晴らしいけれども、
これを見る事が出来た場合、ソ連という国にその当時に住んでいた人々は
悲しい思いをするんだろうな、と思い始めたら、もう真っ暗になってしまいました。。。

別に私はロシア人ではないし、知り合いもいないし、
1939年のアメリカ人が当時のソ連人をどんなにバカにしても
どうということはないはずなんですけどね。。。でもね。。。





以下、内容に触れていますので、お気を付けください。





何がパリ♪パリ♪なの?
結局は よその国に亡命することを良しとするだけの、
アメリカで作られた 「お気楽な娯楽映画」 と、感じました。


初見時感想はそのままそういうふうにも思えるし
すごく良い作品で、脚本も演出も演技も何一つ悪くないんだけど、
初見時のままの自分ではいられなかった、ということだと思います。

あと、大人の恋だったと思うけど、
大公妃さんはそれなりに彼を好きだったわけで、
宝石なんか要らないくらい大好きだったわけで、
男だったらもっと早くちゃんと話をしないといけなかったんではないでしょうか?
憎まれ役の彼女がとっても可哀想に見えました。

やっぱり誰もが自分の価値判断でしか考えられないってことかな?
ヤギのミルクを飲んで育って軍人になるしかなかった女性と
生まれ育ちが上流で、それを人民からの搾取とは絶対に思わない女性と
そして6年前とは違う私と


まぁ残念というわけではないけど、
初見時と今回とそれぞれの見方を大切にしたいと思う私です。



take51さん、良い再見の機会を有難うございました☆



初見時感想はこちら  →  ニノチカ(39・米) ・・・ 2-1022 





<<5-1317  オンディーヌ 海辺の恋人 | BLOG TOP | 5-1316  怪談  (1965年版)>>

comment

  1. 2017/09/10(日) 12:01:37 |
  2. URL |
  3. take51
  4. [ 編集 ]
僕もようやく見る事ができました!!(^.^)
miriさんの絶賛記事を想像していたので少し面喰いました(笑)

>これを見る事が出来た場合、ソ連という国にその当時に住んでいた人々は
悲しい思いをするんだろうな、と思い始めたら、もう真っ暗になってしまいました。。。

これは僕も見ていて多少感じたことですが、「ま、映画だし!」
と思ってスルーした部分でした・・(^▽^;)

>何がパリ♪パリ♪なの?
結局は よその国に亡命することを良しとするだけの、
アメリカで作られた 「お気楽な娯楽映画」 と、感じました。

アメリカ本位の映画ですよね~、確かに

>初見時感想はそのままそういうふうにも思えるし
すごく良い作品で、脚本も演出も演技も何一つ悪くないんだけど、
初見時のままの自分ではいられなかった、ということだと思います。

最初の記事にもお邪魔させていただいてます!
感想が変わるのは自然で当然の事ですよね!
いろんな経験もされるわけですし!!(^.^)

僕も数年後に再見してみたいと思います!

>まぁ残念というわけではないけど、
初見時と今回とそれぞれの見方を大切にしたいと思う私です。

その時は今回のmiriさんのように両方の感想を
大切にしたいと思います!!(^^♪

take51さん、こちらにも有難うございます☆

  1. 2017/09/10(日) 13:26:46 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
> 僕もようやく見る事ができました!!(^.^)

お忙しい中、見ていただいて、嬉しいです!

> miriさんの絶賛記事を想像していたので少し面喰いました(笑)

ほほほ・・・申し訳ございません。

> これは僕も見ていて多少感じたことですが、「ま、映画だし!」
> と思ってスルーした部分でした・・(^▽^;)

それが私は初見時には何も感じなかったんです!!!
take51さんは多少感じて、すごいです。

> アメリカ本位の映画ですよね~、確かに

そういう映画を見ても良い気持ちの時なら良いのですが、
最近は特にアメリカ映画のご都合の良いのが
なんというか良い気持ちしなくて・・・。

> 最初の記事にもお邪魔させていただいてます!

あ、有難うございます☆
絶賛、ですよね(笑)。

> 感想が変わるのは自然で当然の事ですよね!
> いろんな経験もされるわけですし!!(^.^)

そう言っていただけると・・・有難いです。

> 僕も数年後に再見してみたいと思います!

5年以上は開けましょう~!

> その時は今回のmiriさんのように両方の感想を
> 大切にしたいと思います!!(^^♪

変わらないかもしれないしね・・・
すっかり内容の詳細を忘れた頃がお勧めです!

今日はたくさんお話しできて嬉しかったです。
有難うございました☆


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -