映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


ロマン・カチャーノフ作品を見ました☆

  1. 2017/08/10(木) 23:00:00_
  2. ロマン・カチャーノフ
  3. _ comment:0
私の知らないうちにDVDが、それも2年も前に発売されていたらしく、ビックリ仰天!
6作品が入っていましたが、今回は3作品 (ミトン/レター/ママ) は見ませんでした。
またいつかゆっくりと全部見たいと思います☆


再見  こねこのミーシャ

再見  迷子のブヌーチカ

初見  5-1315 ノビチェク ~ 働きもののトラクター ~



こねこのミーシャ




 
.


2017年8月10日(木)  セルDVD

監督 ロマン・カチャーノフ



こねこのミーシャ

感想
この作品は一部ある字幕でちょっと現実っぽく感じられますが
そんなに強くないので、他の作品同様の世界観もちゃんとあります。

今回特に思ったのは、
小鳥たちが大きくなっても僕たちを捕まえたりしないでねと言って
その返事で(ズルそうに)といちいち書いてあるところが、面白かったです。

あとは短い睡眠の夢の中のミルクがなくならない事、
その傾きさ加減や・・・
いちばん最初の雨の跳ね返りの描写がすごく優れているなあと思いました。

ラストシーンは甘いなあと思うけど、そうでなくてはね、子供さんに見せるのに(笑)。
この年代のソ連の子供さんに、大きくなって真面目に働いたら
ああいう住居や水道ガス電気電話何もかも手に入るんだよって言っているみたいで
ちょっと悲しかったです。

よくよく見るとミーシャの頭は何故か白い?
何故???

はたらくくるまは、初見時同様に懐かしかったです☆

あと、字幕オフ機能があると知りビックリ、でもオフではわからないような気がします。



迷子のブヌーチカ

感想
初見時よりも見やすくて分かりやすくて楽しめました。
あのくどかったアニメのところもそんな風には思いませんでした。

警察の署長?さんの涙が美しかったですね!
祖父と孫娘の愛情がとても伝わってきて、良い作品でした。



ノビチェク ~ 働きもののトラクター ~

感想
古い作品のようで日本未公開です。
画像もボケ気味で、キャラクターもまだまだ洗練されていなかったけど

それでも鴨たちがミーシャの小鳥になっていったのかな?と感じたように
この作品にはアレコレのちの作品の基本が入っているような気がしました。

字幕で見たけどそれで良かったと思います。
オンオフ選べるようですが、オフでは分かりにくそうな気がします。





このDVDがに入っている他の作品は今回は見ませんでした。
またいつかゆっくりと全部見て楽しみたいと思います☆






<<5-1316  怪談  (1965年版) | BLOG TOP | 5-1314  ギャンブラー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -