FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1948  あるじ

  1. 2012/12/03(月) 23:30:00_
  2. カール・テオドール・ドライエル
  3. _ comment:0
DU SKAL ARE DIN HUSTRU  (あるじ)  1925年・デンマーク



あるじ




 

.


2012年12月3日(月)  イマジカ 

監督 カール・テオドール・ドライエル
主演 主に3人

感想
なんというか、大まかに言って、3つの感想を持ちました。


ひとつ目:自分のこと

高1の終わりで別れて以来、一度も会っていない、
生きているのか死んでいるのかさえ知らない、私の父親の事を思い出しました。

この映画の「あるじ」なんて大したことないよ、
私の父は(お酒は一滴も飲みません)気に入らない事があると
すぐに母を殴ったり蹴ったりしていたので・・・
(意地悪なことばっかり言うし、他にも色々と書き切れない・・・)
特に、帰宅後すぐに ご飯が食べられないとキレるところは全く同じでした(爆)。


ふたつ目:映画の作りのこと

まぁそんなわけで、子供時代の事をアレコレ思い出し、悲しい気持ちにもなったけど
映画として、醒めた目で見ると、結構な秀作で・・・
もちろん「奇跡」の監督だから、まぁ間違いないのですけどね。

特にあの、技術的にそうならざるを得なかったかもしれないけど、
まあるい窓から覗いているような演出は、素敵でした☆

今年は結構サイレントを見て6本目ですが、
やっぱりサイレントは、音楽と、演技と、字幕で、引っ張るモノだと、
考えを強くしました。


みっつ目:内容のこと

で、この夫婦は本当は好きあっていること、子供達を深く愛していること、
マッズの知恵と行動力、イダの母の気持ち、
そんな全部が、コメディとまでは思いきれなかったけど、

今現在にも残っている「ある種の映画の基本」をキチンと作っているのだな~と思いました。
ただ・・・ラストの「お店の広告とお金」には ちょっと
キレイごと過ぎる気もしましたが、まぁ良しとしましょう~。




<<2-1949  黄金の馬車 | BLOG TOP | 2-1947  Disney's クリスマス・キャロル>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -