FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-246  奇跡のシンフォニー (旧gooブログの記事) 

  1. 2009/03/30(月) 23:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
2009年6月7日の記事  
タイトル「奇跡のランデヴー」

映画のブログの方で知り合った方で 「奇跡のシンフォニー」 という映画について書かれている方が多く、
今更ながら miriも書いてみたくなりました。(というか、映画そのものよりも、その後の奇跡、について、ですが・・・)




 
.




感想文の一部など → 映画の内容的には、miriはそんなに コロッとは いかないので、ひと晩だけの恋を信じられないし、
そのうえ、そのひと晩で妊娠して、その子供をずっと (死産といわれたのに) 思い続けているという事や、
二人ともその間ずっと誰も愛さず (付き合うくらいしても) お互いを思っていても行動に出られず・・・
ネットで見つけるなら、すぐに見つけられたような気もするし・・・細かい文句ばっかり出てきます。

でも、最初の導入部分は 本当に音楽を愛し、音楽に身をゆだねている感じが伝わって、素晴らしかった
運命というか、脱走、トラック、子供の歌うたい、孤児たちの集まる場所、初めて奏でる音楽、教会、才能開花、
ジュリアード音楽院、抜擢、練習、連れ戻され、不思議な出会いとセッション(父と子も、きっと、何かがあるんだね)

そして逃走、ラストへと・・・ラストも、上手に導かれて・・・最後の3人が一緒になってゆく部分・・・
目と目を見れば、分かり合える、母と子なら、そして10年以上一度も会わなくても、一晩の恋の相手が分かる・・・
細かい文句は一杯あるけど、何となく納得できるし、泣く人も多いと思うし、得な作品でしたが・・・

その晩は 8時半頃に西の空で、冬の星座と 新月3日後の細い月が、ステキにランデヴーしていて、
耳を澄ませていたら、聞こえてきたの・・・星の歌声が。本当に初めての経験、涙が出ました。
その晩に 見て 聞いた “本物の星空のコンサート”
                                
奇跡のようなひと時、それが一番miriの心を貫き、残っています





奇跡のシンフォニー




<<(1-154)  禁じられた遊び  (2回目) | BLOG TOP | 2-246  奇跡のシンフォニー>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -