FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2110  ヤコブへの手紙

  1. 2013/04/20(土) 22:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
POSTIA PAPPI JAAKOBILLE  (ヤコブへの手紙)  2009年・フィンランド



ヤコブへの手紙




 
.


2013年4月20日(土)  イマジカ

監督 クラウス・ハロ
主演 カリーナ・ハザード (レイラ 役)
    ヘイッキ・ノウシアウネン (ヤコブ牧師 役)

感想
いや~全く凄い映画だ・・・。
今まで見た全部の映画の中で、一番「無駄のない映画」だった。

75分という時間に凝縮された、必要最小限の、でもそれで充分な、
それ以上描いたら、全部が狂ってしまう・・・。

それほどに全てのバランスのとれた、
そして(ココは多くの人の共感は生まないかもしれないけど)
神への賛美のあふれた、素晴らしい作品です。

レイラとは誰で、どうして、どうするのか・・・
ヤコブ牧師は、何を、どうするのか・・・

登場人物も少ないけど、
郵便配達員の男も、最後にあの1シーンだけで全てを分からせる・・・

そう、この映画は無駄な説明はなくて、
もしかしたら人それぞれ受け止めの違う部分もあるのかもしれないけど
(各人の想像に任せるから)

一番大事なところだけは、大きくない声で、
少しだけを語らせて、それで全部分かる・・・
すごい監督さんですよね☆

映画の中で悲劇があって、でもそれを誤魔化さず、
ラストシーンにそれ以降の希望を感じさせる・・・
私の一番好きなタイプの映画です。

時代は70年代で、手紙って、本当にこころ待ちにするモノだと
私は知っているから・・・よけいに・・・

そして音楽が良いですね。
(特に終盤は、あの音楽がなければ苦しくなったかもしれない)
フィンランドのホントに片田舎で、お店一つない場所、
その牧師館にぴったりの音楽が、素晴らしかったです。

この映画は、私的には満点に近いです。
神は必要な時に、必要なモノや事柄を与え、
神は、その時に、それをおこなうのです。

ありがとうございました。




<<2-2111  河内山宗俊 | BLOG TOP | 2-2109  ロッキー4  /  炎の友情>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -