映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-172  八甲田山

  1. 2014/01/03(金) 23:00:00_
  2. 森谷司郎
  3. _ comment:0
八甲田山  1977年・日本



八甲田山




 
.


2014年1月3日(金)  BS3

監督 森谷司郎
主演 高倉健になるのかな~?やっぱ



感想の代わりに「忘却エンドロール」さんとのやり取り。

こんにちは☆
やっと全部通してちゃんと見ました。
記事は初見も再見も読ませて頂きました。
それぞれのイラストが、宵乃さんの感想とリンクしていて、思いが伝わってきましたよ~♪

私が今までで一番長くチラ見したのが(多分8~10年くらい前だと思います)
>突然発狂して服を脱ぎ出す辺りから
>お別れの時の「案内人殿に敬礼!」はマジで痺れました。
このあたりでした。
なので、それが始まる前のまぁまともな部分を見られて良かったです。

>女の子の案内人について歩いていた時、振り返りつつ先導する彼女の微笑みが、天使か女神の加護のように感じたんじゃないかな?

しかしこの部分は、秋吉久美子が役得で(笑)。
一児の母の役柄ですし(笑)。

>自然の恐ろしさ、それを舐めている人間(についていく)の恐ろしさがありありと描かれていて、
>バタバタと人が倒れ、発狂し、絶望に染まっていく様は何度見ても恐ろしいし、
>そんな状況だからこそ春や夏の美しく懐かしい風景に想いを馳せてしまう人間のたくましさに圧倒されます。
>外と後半になっても神田一行の士気はかろうじて残っているのがわかって、素直に軍人すげぇと思いました。
>ここまでの状況に陥ったらほんの一部以外はばらばらになってしまうのが定番だし。ちゃんと命令聞いて上官を引きずって歩くとかすごいよ!

宵乃さんの書かれたとおりの映画だと思います。
役柄的には、まぁ「明治の大日本帝国軍人」ですのでね・・・。

あと、時折入る、彼ら数人の脳裏にある、
この国の四季の美しさ・田畑の進み具合や人々の想い・
村や町の行事や子供らしい記憶・・・「日本人とは。。。」と思わされました。

>弟の最期の声がはっきりと聞こえたくだりや、亡き神田と語るシーン、そして「もっと早く来ていれば…!」という無念の想いには涙ボロボロ。

このあたりね・・・時代を問わずに・・・涙。

>本気で後悔して反省して耐え切れなくて自害する上官の姿にも複雑な思いがしました。生き残った人も凍傷で手足切断したという話だし…。

三國さんや緒形さんの使われ方が、結構陳腐だったけど、
この作品ならではの感じもちろんあって、胸に来ましたね~。

>この作品を本当に八甲田山まで行って撮影したというのは凄いけど、イカレてるとつくづく思います(汗)

監督が監督ですので・・・こだわったのでしょうね~仕方ないです・・・。

>軍歌「雪の進軍」も改めて聞くと歌詞が悲惨で、

まぁ何回も書きますが、帝国軍人の歌う歌ですし、それが軍隊というもののように思いました。

>完全版が見たくてBSシネマにリクエストを送ってた

宵乃さんのお陰でオンエアがあったのでしょう。有難うございました☆


.

>miriさん
> それぞれのイラストが、宵乃さんの感想とリンクしていて、思いが伝わってきましたよ~♪

ありがとうございます♪
少年の顔が上手くいかなかったのが心残りですけど、どちらもあの地獄のような世界で人間らしさを感じるシーンで印象に残りました。

> 私が今までで一番長くチラ見したのが(多分8~10年くらい前だと思います)~

うわぁ、怖い部分ばっかり観てたんですね。一度観たらそうそう忘れられない作品ですし、再見に気力を要する作品ですから、ちらっと見ただけでおなか一杯になりそうです。

> しかしこの部分は、秋吉久美子が役得で(笑)。
> 一児の母の役柄ですし(笑)。

ホント、あの中では何十倍も輝いて見えます(笑)
”明治の大日本帝国軍人”との対比というか、彼女の存在のおかげで長い作品もメリハリができて見やすくなってました。

> あと、時折入る、彼ら数人の脳裏にある、この国の四季の美しさ・田畑の進み具合や人々の想い・村や町の行事や子供らしい記憶・・・「日本人とは。。。」と思わされました。

私たちではほぼ一生体験しないような状況の彼らに、この瞬間、一気に感情移入できるようになりますよね~。これらのシーンがないと、とても最後まで観られません!

> 三國さんや緒形さんの使われ方が、結構陳腐だったけど、この作品ならではの感じもちろんあって、胸に来ましたね~。

ある意味、安心感のある役どころでした。それもこの作品には必要だったのかもしれません。
miriさんとこの作品についてお話できて嬉しかったです。再見ご苦労様でした!




<<5-173  ブラジルから来た少年 | BLOG TOP | (2-1196)  羅生門  (2回目) >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -