FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1938  キューティ・ブロンド

  1. 2012/11/27(火) 22:30:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
LEGALLY BLONDE  (キューティ・ブロンド)  2001年・アメリカ



キューティーブロンド




 

.


2012年11月27日(火)  BS3

監督 ロバート・ルケティック 
主演 リース・ウィザースプーン  (エル・ウッズ 役)

感想
いや~困った困った、涙ですよ、泣き笑い☆

こんなつもりではなく、何の期待もなく、見たのに、
この映画、ど真ん中ストライクですよ~!
私もオンナということでしょうか?

難しいことは分からなくて良いのね。
人間にとって大切なのは、真っ直ぐな気持ち、誰にでも親切にすること
そして、自分を愛し信じるという事なんですね~♪

どんな道でも究めれば、同じところに行きつくのかもしれない。
ファッションだからってバカにしちゃいけない。
もちろん元々頭も良かったんでしょうけど、
努力がなければ叶わなかったことだもの。

ネイリストの大きな彼女のエピソードも全部良かったし、
裁判の成り行き、被告のこと、弁護士の裏側のこと、
そしてロスのお友達も、ただのつるみ仲間ではなかったんだね。
彼女自身が、生き方の中で得たものなんだね、全て。

女性教授が最初は本当に嫌な奴と思ったのに、ここぞという時に
一番応援してくれていただなんて、それだけで頑張れるよね!

元彼のフィアンセの彼女も、今は彼女の親友、
この映画では男性陣に良いとこ ほとんどなく、
女性応援になっているけど、
それでも、やっぱりって思う誠実な人が彼氏となったのだし、
ラストの字幕で「今夜プロポーズ」とのこと、続編も必ず見ます☆

主演の彼女「ウォーク・ザ・ライン 君に続く道」の彼女とのこと、
歌もうまいんだよね~。厳しい映画だったなぁ~。(オスカー主演女優賞受賞)
演技も確かということで、悪いとこないから
やっぱそういう人は私生活がうまくいかないモノなんだよね・・・しみじみ・・・。
(他に「メラニーは行く」「フォー・クリスマス」も見ています、どっちもいまいちな映画)


監督は見たのが3作目、どれもこれも明るくて、辛いシーンもありながら
乗り越えて、真っ直ぐに生きるヒトを描いているよね~!う~ん、イイかも?
(「ウェディング宣言」「ラスベガスをぶっつぶせ」)

明るい笑顔、可愛いしぐさ、ファッションにも気を使って、ヘアもネイルも、
でも頭の中身も空っぽじゃあないのよ~!頑張るし!
そして何よりも、こころが優しい、穏やかな気持ち、
人に意地悪されても腐らずに自分を信じてあげること・・・

とっても勉強になりました☆
素晴らしい映画です(号泣)♪



キューティ・ブロンド2  →  




<<2-1939  田舎司祭の日記 | BLOG TOP | 2-1937  恋ひとすじに >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -