FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1ー144) 望郷 (2回目) 1937、FRANCE

  1. 1982/12/05(日) 20:00:00_
  2. ジュリアン・デュヴィヴィエ
  3. _ comment:0
望郷



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1982年12月5日(日) PM9:35~11:10 (20歳~)
監督 ジュリアン・デュビビェ
    ジャン・ギャバン

2回め なんです それで 調べてみたら‘76・12・5 SUN.
もう 6年前です 高1でした




 
.


感想
ひとくちに 6年というけれど 時の流れ というのは
止めること できるはずもなくて その6年間は やはり
私を 変えてるんです
この 映画に 対する 感想も 映画の 観方や
その6年で つちかった人、人生、生活、恋愛etc.etc.
に 対する考え、思いいれの 変化が とても 大きく
あって、そんなことも 考えながら みていました
子供 だったなぁ まだまだ 15才は! そう 思うのです

Pepe le Moco うーん 哀しいよね カスバ
あの 刑事や イネスや ぺぺを とりまく 男たち
ひしめきあって 生きてる アルジェリア 独立前で
とても 戦前、フランス領 運命さえ 感じます
そんな 哀しい人たちに 比べて
(ジゼル) ギャビー、パリ、華やかで たいくつさの ない 都会(まち)
2年も 逃げて カスバに 生きてる ぺぺに とって
彼女は 彼女自身も そしてとおりぬけて パリの においを
感じさせ 愛する というのも 憧れに にてたんでしょうね
イネスには イネスの 愛のかたまりを 感じたし
それなりに みんな 生きて 理由あって カスバで
ああして 生きて …
ひとつ ひとつの シーンで ピエロの 死の 直前、女たちの表情ー
ぺぺの ギャビーを まつ 陽気さと そのあとの 暗さ、
ちゃちな けーさつ、なんと いっても ラストの船を、ギャビーを、
パリを、自由を 見送る ぺぺの表情と ギャビーの
アップ そして 死を 選ぶ ぺぺ とりかこむ 刑事と
イネス… 心に残った

デュビビェ監督は どんなこと いったって
いっとう 大好き!



****************************



2010年2月:追記

今、ちょっと「気がおかしくなったような感じ」で、
デュヴィヴィエ監督の作品DVDを買い集めて、
このブログにも感想をアップしまくっていますが、

やっぱり、高1の頃に大好きになった監督5人衆の中でも、
特にずっと長く心にあったのは、この人だから・・・。

「望郷」は買っていないけど、有名作で500円版もあり、
いつでも手に入るので後回しです。

ギャバンが大好きでした。
この映画のラスト前の「ギャビー!」の叫び、忘れられません。



**************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21208

原題:PEPE-LE-MOKO



初見時等の感想はこちら

1-144 ・・・ 望郷(37・仏)
1-144 ・・・ 殿堂入り




<<1982年の映画について・ベスト10等 | BLOG TOP | (1-148) The Last Consert (ラストコンサート) (5回目) 1976、Itary>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -