FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-298  星の旅人たち

  1. 2014/04/08(火) 23:00:00_
  2. エミリオ・エステヴェス
  3. _ comment:0
THE WAY  (星の旅人たち)  2010年・アメリカ/スペイン



星の旅人たち




 
.


2014年4月8日(火)  イマジカ

監督 エミリオ・エステヴェス
主演 マーティン・シーン  (トム 役)

感想
この映画の主な舞台は「サン・ジャックへの道」という映画と同じ、巡礼の道です。
その映画はフランス映画らしい感じがして、
今回のこの作品は とてもアメリカ映画らしかったです。

12歳以下の子供に見せないようになっているのですが、
特に暴力や男女のシーンはなく、何故?と思ったときにハタと気付きました。

重要な助演の役柄の一人が、煙草を吸って吸って吸いまくっている
(たまにドラッグも) ・・・からではないでしょうか?と。
まぁたしかに良くはないけど、暴力や男女の酷いシーンよりはずっとマシだとは思うのですが
多分、「最後までやめられなかったから」でしょうね~(笑)

それで、俳優一家の出来の良い子ちゃんの(と言ってももう50歳代の男ですが・笑)
作った「お祖父さんい捧げる」という文字が最後に残る映画ですが、
お父さんの事が大好きなんだな~って、気持ちが伝わってきました☆

時々出てくるダニエル・・・
宿屋のところでは似た人が実際居るかのように勘違いしました・笑。
でもまぁそれ以外は「出てきた」ことがよく分かりますよね・・・
そういう死生観で見ていくと、とても切なく、そして納得のいく作品です。

私が見ても特にムカつく事もなく、この作品は、生死に関わらず
親子や、友人同士の愛情に満ちた、
素晴らしい作品だと思いました☆ 


********************************


いつの間にか一緒に歩く事になった4人には、
それぞれ本当に巡礼の旅に意味を見出したいと願っていたはずですし、
きっとラストシーン以降の毎日の生活にも生かされたと信じています。

でもそれは甘いことではなく、とってもそれぞれに重いのだと思うし、
キレイな感じに、作家の本が出て、4人で集まってなんて事が
多分絶対になくても、それぞれの人に忘れられないモノを残していったと思えました。

高級ホテルでの一晩が面白かったですね!
何でも食べられるし、何でも出来るのに
結局、道端の野宿と変わらなくなってしまって・・・笑。

そんな友情と、もちろんトムのダニエルへの想いを乗せて・・・
(私は「サン・ジャックへの道」は とても好きな映画だけどそうは思えなかった)
まるで4人と一緒に歩いている・・・そんな気さえしました♪

この映画も出会えわせてもらえた映画だと信じ、
感謝です☆ 



再見時感想はこちら  →  星の旅人たち(10・米/西)(2回目) ・・・ 5-298 





<<(1-180)  ソルジャーブルー  (2回目) | BLOG TOP | 5-297  ブラック・レイン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -