映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-199)  犬神家の一族  (1976年版)  (3回目)

  1. 2013/11/30(土) 23:00:00_
  2. 市川崑
  3. _ comment:0
再々見  犬神家の一族  1976年・日本



犬神家の一族  1976年版




 

.


2013年11月30日(土)  BS3

監督 市川崑
主演 石坂浩二

感想
邦画チャンネルのオンエアは見たくなかったのですが
今回BS3だったので、BDに録画保存して見ました。

今回のミニ感想です。
今回見てよく分かったのですが、
私はやっぱりテレビシリーズの方が親しみ深く、好きなんだと。

毎週毎週、楽しみに待っていた(原作は読んでいたから、内容は知っていても)
あの、ドキドキ感。

・・・そして、演技とは何の関係もないのですが、
あることで、石坂浩二という人物を、人間として大嫌いになって以来、
私はその俳優を、公平な目で、どうしても見られないのです。

いつかずっと後で、普通の俳優として見られるようになれば・・・と
今はそこまでしか思えません。

それで、この映画としては、まぁ高校生のころから親しみ深かった、
加藤武、大滝修治、坂口良子、三木のり平、等々の
脇をしめる彼らに、ニッコリしてしまった以外は、

あんまり面白くもなかったし、
やっぱり市川崑のことも、当時のように好きではないので・・・

要するに、フラットな目線では見られませんでした。
三國さんの役柄がね・・・やっぱり芸名考えた方が良かったのでは(笑)。

高峰三枝子さんは、ちょっと松子にはお上品すぎ???
島田陽子もアレですが、松島菜々子よりはずっとマシでした(笑)。

もう当分の間、この映画は見ません。
テレビシリーズが、BS3でオンエアしてくれればなぁ~
特に「三つ首塔」・・・とか思っています(笑)。

おしまい。




初見時等の感想はこちら

犬神家の一族(76・日) ・・・ 1-199
犬神家の一族(76・日)(2回目) ・・・ 1-199 



セルフリメイク作品

犬神家の一族(06・日) ・・・ 2-446





<<2013年11月のプラグインの言葉 | BLOG TOP | 5-132  挽歌  (1957年版)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -