映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-449)  間違えられた男  (2回目)

  1. 2013/11/24(日) 23:00:00_
  2. アルフレッド・ヒッチコック
  3. _ comment:0
再見  The Wrong Man  (間違えられた男)  1956年・アメリカ



間違えられた男




 
.


2013年11月24日(日)  レンタルDVD

監督 Alfred Hitchcock
主演  Henry Fonda

感想抜粋
いや、怖いから借りたくなかったんだけど、何故か借りてしまって・・・

初見時は深夜映画だったようですね?
多分吹き替えでカットありで、
最初のヒッチさんの解説もカットされていたのでしょうね~???
誰が見ても分からないはずないですものね~笑。

内容についてですが、
ほぼ、初見時感想の通りです。
特に、あの2重写しのシーンは、巻き戻して見ました。
凄い演出だと思います。(今はありふれているのでしょうけど?)

まぁそれで実話らしいので何とも言えないのですが、
(真犯人があんなに早く見つかったことも含めて)

60年前の捜査方法と、今は全く違うのだから、あんなずさんなことはないと思えるけど
それはそれで、また、別の悪い面もあるかもしれなしね・・・。

ネットで読んで、顔が似ていないと書いているヒトがいて仰天!
昔は巻き戻して見るなんてことないのだから、
サーッと見ていけば、ものすごく似ていると思いますよ~!!!
(証人の女性二人の、あの行動が、おかしいやら、腹立たしいやら・・・)

とにかく、こういう古い映画を見るときに、
現代の目線で見てはなりませぬ。
この映画なら、1956年より後に作られた映画を1本も見ていないつもりで
見ないと、まっさらな気持ちでは見られないし、
つまらないですよ、せっかくなのに・・・そうではないでしょうか???

そんなわけで、怖かったけど、良い再見になりました。
冤罪は論外だけど、普段からいろんな人に愛されている、それはつまり
そのヒトが周りの人を大切にしているということで、
お母さんの「信じている」「お祈りしなさい」が一番胸に来ましたし、
子供たちも祈って待っているという言葉も・・・涙。

そんな映画でした☆
ヒッチさん、やるう~♪ こういうときは、だいすうきい~らぶらぶ。




初見時感想はこちら  →  間違えられた男(57・米) ・・・ 1-449 





<<(2-420)  市民ケーン  (2回目) | BLOG TOP | (1-527)  事件  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -