FC2ブログ
  • 2020_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2020_05

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-157  霧の旗  (1977年版)

  1. 2013/12/17(火) 22:00:00_
  2. 西河克己
  3. _ comment:0
霧の旗  1977年・日本



霧の旗




 

.


2013年 12月17日(火)  日本映画専門チャンネル

監督 西河克己
主演 上の二人

感想
何回もドラマ化されている作品で、私も見た記憶があり調べると
多分「大竹しのぶ」版だと思い、比べるのも可哀想な・・・笑。

無理やりに友和さんをあぁいう形で出して、バカらし~。
プロポーズは、絶対、不必要。(でも、客はそれを期待して見に来ているし・・・)
三國さんもこんなのに出で、かわいそ(笑)。

やっぱ犯罪関係は、キチンと整合性が付かないとダメです。
最初の犯罪のことで、素人でも分かりそうな事が、警察に分からず
そのまま裁判で死刑になるなんてあり得ないし、
東京に来た理由や、獄死って77年でも現実味ナシ。
後の犯罪が、恨みあるヒトの関係者なんて、どうやって分かるの???
それにその二つの犯人が同じだなんて、どうして決めつけられるの???

とにかく当時18歳の百恵の40歳にも見える演技(というより、彼女の素のキャラ)が
ある程度良かっただけで、色々な意味で「見るに堪えない作品」でした。
手を抜かず、2時間にして、犯罪系を全部説明して、キチンと作れば
すごく良くなったように思い、残念。




<<5-158  ニューイヤーズ・イブ | BLOG TOP | 5-156  零戦燃ゆ >>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -