映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-147  おかしなおかしな大追跡

  1. 2013/12/11(水) 23:00:00_
  2. ピーター・ボクダノビッチ
  3. _ comment:0
WHAT'S UP, DOC?  (おかしなおかしな大追跡)  1972年・アメリカ



おかしなおかしな大追跡




 
.


2013年12月11日(水)  お借りしたDVD

監督 ピーター・ボグダノヴィッチ
主演 上の二人

感想抜粋
この映画の60分過ぎくらいまでの、設定やら出来事やら、
現代には全く合わないし、私には耐えられないので、
これがたとえマリリン・モンロー主演でも
私的には、全く駄目な役柄のあの女のことで、頭がおかしくなりそうです。



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



現代なら、婚約者と同じ部屋で過ごすでしょうし、
ホテルのスタッフが犯罪者という設定もねぇ~?
(「モネ・ゲーム」は、その点、とても良かったな、と思いました)

私には、あの、婚約者の石をものすごく大事にしている女性を
「踏みつけ」にする、相手役の設定も、あの女も、監督も、全部嫌いです。
「婚約しているのに、一人でほったらかしにする」これが全く一番ダメなんです。

「赤ちゃん教育」は面白かったけど、いまひとつ
そのあたり(踏みつけにされる女性がいたかどうか)忘れてしまったので・・・。

60分を過ぎたあたりからの「カラダを使うコメディ」の部分は、
もちろん面白かったけど、上記の気持ちを引きずっていたので、
どうしようもなかったです。

(子供の行列に突っ込むって、車なら絶対ダメ、あの程度の乗り物でも危険極まりない!
 亀岡の事故以来、そういう事は、ものすごく気になるのです)

・・・私も若い頃に見ていれば、
あの婚約者の女性を可哀想と思わずに見られたかもしれないし、
・・・もう40年前で色々な感覚が違うので
70年代の10代で出会えれば、きっと良い映画だったと思えます。




<<私の2013年の映画鑑賞について・・・ | BLOG TOP | (1-185)  泥だらけの純情  (1977年版)  (2回目)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


映画館で驚いたこと☆

今日行った映画館で、普通にわらわら売っているDVDたちではなく、カウンターの前のガラスケースに入ってしずしずと鎮座ましましていたのは、売れ筋?の「君の名は。」の隣に・・・「エル・スール」!!! ビックリ仰天して2度見しましたよ、それもDVDとBDの両方!!! 誰が買うのか?と非常に疑問・・・私は手持ちのそれを再見しようかな?という気持ちになりました(笑)。

このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -