FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-129)  地上最大のショウ  (2回目)

  1. 2010/11/15(月) 23:30:00_
  2. セシル・B・デミル
  3. _ comment:3
再見  The Greatest Show on Earth  (地上最大のショウ)  1952年・アメリカ



地上最大のショウ




 

.


2010年11月15日(月)  セルDVD

監督  セシル・B・デミル
主演  チャールトン・ヘストン

感想
やっぱ良かったわ~!
サーカス、実際見たことないけど、この映画で充分、昭和27年、日本はまだ戦後で、
アメリカではこうして豊かな生活が始まっていたのよね~!
いかにもハリウッド!
いかにも黄金時代!
いかにもデミル監督!!!

今回初見の感想を読むとふむふむと思うけど、やっぱり子供らしくそれなりの苦労しかなく、
実際、命がけの仕事という事や、恋のさや当てや、仕事の取り合い、
良いポジションを取る為に必死で必死で、とにかく、子供のころには今ひとつそのあたり、
最後に全部うまくいったかのように思い、歌と雰囲気で誤魔化されたけど、
結構深く大変内容だった。



以下、内容に触れていますので、お気を付けください。



でも、やっぱりラストの青天井のサーカスに、明るい未来を見たいと思ったよ☆

ヘストンは、下に居て、経営で、あんな感じが似合うね、
融通が利かない、ガチガチの真面目人間?
彼女は本当にサーカス人かしらん?
スターの男は、ぐっさんに似ていて、どうしてもそう見えてしまって笑えた。
J・スチュワートは、良い感じで似合うよ、まぁ10年も逃げてて手術はちょっと怖いけどね~!
逃げようと思えば逃げられたのにね・・・。
安楽死か、大昔からそういう問題はあったんだね。
愛する人を殺す・・・。

その他、色々な人間関係と、動物たち、サーカスのそれぞれのスターたち、演技の全て、
とにかく豪華な映画でした☆
カラーもまぁまぁ良くて、再見後にガックリ来る心配をしていたんだけど、杞憂に終わりました☆ 
るんるんしてしまうね~!

電車の破壊後は、目が離せなくて本当にスピード感もあって良かった。
最後に彼女が仕切っていて、
ヘストンの役が「サーカスしか目にないんか」と怒っていたのが笑えるよね!

いかにもハリウッド黄金期の映画で・賞



初見時感想はこちら  →  地上最大のショウ(52・米) ・・・ 1-129





<<2-830  クライマーズ・ハイ | BLOG TOP | 2-829-3  ヤッターマン  (劇場オリジナル版)>>

comment

ピエロの化粧をしていても

  1. 2020/01/20(月) 09:31:12 |
  2. URL |
  3. 宵乃
  4. [ 編集 ]
俳優として輝いてましたね。
自分のことだけでも大変なはずなのに、周囲の人たちへの優しい目線が印象に残りました。母親との短時間の交流も温かみがあって、最初から悪い人じゃないのが伝わってきます。

>まぁ10年も逃げてて手術はちょっと怖いけどね~!

たしかに(笑)
縫合は衣装の縫物とかで多少は鍛えられそうだけど、設備が全くない状況で処置するのはやはり怖いですね。ちゃんと治療できたようでよかった!

>最後に彼女が仕切っていて、ヘストンの役が「サーカスしか目にないんか」と怒っていたのが笑えるよね!

同じく笑いました。これで少しは普段から気持ちを伝えることの大切さが身に染みたかも。これからは彼女とふたりで上手くサーカスを切り盛りしていけそうな明るいラストでした。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2020/01/20(月) 09:38:24 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

宵乃さん、こんにちは☆

  1. 2020/01/20(月) 17:34:18 |
  2. URL |
  3. miri
  4. [ 編集 ]
コメントを有難うございます☆

Re: ピエロの化粧をしていても
> 俳優として輝いてましたね。

はい、知っていてよく見れば分かるかもしれないけど
おおよそ(彼があの俳優だとは)分かりませんよね~!

> 自分のことだけでも大変なはずなのに、周囲の人たちへの優しい目線が印象に残りました。母親との短時間の交流も温かみがあって、最初から悪い人じゃないのが伝わってきます。

はい、そう思います・・・お母さんがね・・・涙。

> たしかに(笑)
> 縫合は衣装の縫物とかで多少は鍛えられそうだけど、設備が全くない状況で処置するのはやはり怖いですね。ちゃんと治療できたようでよかった!

映画と分かっていてもドキドキさせるのは演出の腕と思います!

私がこの監督に一回で惚れたのは、淀川さんのお陰(せい)なんですよ~(笑)。
当時は媒体があまりなかったので、多くの中高生や大人でもきっと
「ラジオ名画劇場」で想像たくましくして、憧れの映画に出会えたらきっと
ただ単に見るのとは全然違ったと思います♪

> 同じく笑いました。これで少しは普段から気持ちを伝えることの大切さが身に染みたかも。これからは彼女とふたりで上手くサーカスを切り盛りしていけそうな明るいラストでした。

はい、ロマンスの良くなかった部分が思い出せないので
きっと初見時にはどうでも良かったんでしょうね(笑)。

サーカスがこんなにすごいって教えてくれた素晴らしい作品です!
(サーカスも、今よりずっと憧れた時代でした)

でも、結局、私は本物のサーカスを今まで見たことがなくて・・・
映画の中では(この作品以外にも)たくさん見ましたが・・・。

今は宣伝で見る限りお洒落でスマートですものね!
もう昔のようなダサいサーカスはない時代でしょうか?
ちょっと寂しいですね(笑)。

・・・昔話に付き合ってくれて、有難うございます☆
また、別件についても有難うございました(ペコリ)。


.
 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -