FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


398・スプーン一杯の幸せ 1975・日本

  1. 1982/06/01(火) 11:40:00_
  2. その他の日本人監督作品
  3. _ comment:0
ソフトは無いようです。
これはチラシの画像です。

スプーン一杯の幸せ



映画鑑賞の記録 1
(誤字・脱字・間違った情報等も・そのまま、ノートを転記しただけの記録です)
(その後 ネットで調べたりして 分かった事は、追記してゆきます)

ココから下が転記の内容です。



1982年6月1日(火) 10:00~11:30 (20歳~)
監督 
主演 桜田淳子、浜木綿子、黒沢年男

病気で休んでいて 昔 クラスメイトが好きだった この映画みました
私は この映画の テーマの 歌よう曲が 好きでした




 
.


感想
昔も今も それぞれ 人は違っても アイドルと いわれる人は いて
今も この程度の 映画なのかな?って 思います
今度、ハイ・ブギ みてくる つもり ですけど
でも この映画は 淳子を かこむ ワキが とても よかった
レモンちゃんの 実話でも ないでしょうけど Baseの 彼女も
とても いいのだし
なつかしさが 大きくて 今は このくらいの ことで 感情的に
ならない つもりでも やっぱり それは 過去だから…?って
思います
私、淳子は キライでしたの
でも この映画 わりと いいんじゃない? って思いました ハイ

♪涙という字を書いて ちぎって窓から捨てます
もうしばらく君と 会いたくないのです♪

中2~中3 忘れかけてた 風景と いちばん 自由で 好きだった
頃の私が そこに いるのよね
ひとり歩きっていう うたは 本当に 大好きでした
恋とか 軽い想いを 言えるのは そんな頃 だったからです
あ、スプーン一杯の幸せ この映画に ついて
うーんと 進行とか よくなかったと してもよ 原作というか
脚本状たいは よかったと 思います
表面的に 淳子が 好きだから、キライだからって
判断すること 人って 多いと 思うのよ いけない? でも
しかたない かもね それが アイドルの宿命なら
女子高生、バドミントンのコーチ、母さん、とおくの父さん
よかったよ!



*****************************



2010年2月:追記

この頃、映画は映画館で見ることが多く、テレビはあまり見ていなかったのですが、
この時は風邪で会社を休んでヒマにしていたようで、たまたま見たようです。

今なら「恋空」とかになるのかな?
アイドル、と言われる人が、主演して、主題歌も売る映画・・・
この映画の場合、桜田淳子で、全然興味なかったのですが、
百恵ちゃんの映画は(母が彼女を好きで)結構沢山見ました。

レモンちゃん、というのは若い人には意味不明でしょうね?
落合恵子さんも、今でも色々とご活躍で、
このエッセー等、色々と読んだ記憶があります。

ハイ・ブギ、というのは「ハイティーン・ブギ」と言う映画ですが
結局見に行けませんでした。
武田久美子は、今、美のカリスマになってしまって、ビックリです☆

この歌謡曲は好きでした。今でも結構歌えるくらい!
でも、この映画の内容は覚えていません。
昔も今もヘタなアイドルの周りを、浜木綿子なんかが
手堅く、固めているのよね~!

DVDはありません。



*****************************



http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=145046
監督:広瀬襄



*****************************



☆ ただの偶然ではない「シンクロ」がありました ☆

この記事をアップした当日の夜にオンエアされた番組
「SONGS 岡林信康」にて
ナレーターを担当していたのが、何とレモンちゃんこと
落合恵子さんでした!(この映画の原作エッセイを書いた作家です)

彼女の昔の写真が一枚出て、お声は若い頃とちっとも変らなくて、
私の好きな岡林の回で、この記事の当日で、ものすご~く嬉しかった♪



*****************************



☆ 2014年12月にこの映画をイメージした、
桜田淳子のCD「スプーン一杯の幸せ」を聞きました ☆
 (レンタルCD)
VHSもDVDもない以上、この形での再見?が今出来るベストな形だと思います☆

ミニ感想です。

う~ん、やっぱり映像とは違うのでアレですが、
まぁ映像ではなかったけど、わりと分かりやすいストーリーの流れが感じられ、
人の顔は浮かばないけど、きっとあの頃の、70年代の10代の少女なら
わかるような、そんな内容のCDでした。
(今現在の10代の少女たちは、こんなに幼いCDは聞かないと思います・笑)

DVDが作成される事をこころから願います。
でも、このCDを聴いたことはホントに良かったです。
PCに取り込んだので、今後はいつでも聞けますが、もう聞かないかな?
私は桜田淳子のファンではなく、この作品を再見したいだけなので・・・。
でもホント良かったです、聞けて♪




<<399・Ten Litte Indians (そして誰もいなくなった) 1974、England | BLOG TOP | 397・秋のソナタ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -