映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


5-373  つる ―鶴― 

  1. 2014/06/11(水) 23:00:00_
  2. 市川崑
  3. _ comment:0
つる ―鶴―  1988年・日本



つる





 
.


2014年6月11日(水)  BSフジ

監督 市川崑
主演 吉永小百合

感想
エンドロールがくどくてしょぼかったのと、鶴の人形がしょぼしょぼだったのを除くと、
本当に良かった!

つるのおんがえしとは、具現化するとこういうモノだったと思わせてくれました。
絵本で綺麗な2Dではなく、こうして肉付けした3Dは、素晴らしい!

人間は、絵本の良い子ではなく、血もあり涙もある、
恩を返したから帰った鶴も、情に引きずられ、残る・・・そのあたり、すっごく良かった。

周りの人、母親、もちろん夫、長者やらなんやら、登場人物少ないなりに上手だったし、
助けるところのシーンのをああいう風に再現したのも、大正解!





<<(2-351)  スタンド・バイ・ミー  (2回目) | BLOG TOP | 5-372  潮風のいたずら>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

ブログを続けることで目指しているのは
take it easy です☆

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -