FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-2301  ゆりかごを揺らす手

  1. 2013/08/25(日) 22:30:00_
  2. カーティス・ハンソン
  3. _ comment:0
THE HAND THAT ROCKS THE CRADLE  (ゆりかごを揺らす手) 
1991年・アメリカ



ゆりかごを揺らす手





 
.


2013年8月25日(日)  BS3

監督 カーティス・ハンソン
主演 これは私的に誰か判断しにくくて・・・

感想
この監督は1つ1つの作品に深い想いをこめ、丁寧に取材して作り、
見やすく・詳しく・良い作品が多いので(それに美しいBS3ですし)
この作品にも、大いに期待して見たのです・・・それなのに・・・。

1・まず、この映画の中で、黒人差別が通っていて、イヤな感じがしました。
最後は個人的信頼が勝ったけど、大まかには「黒人の身体の大きい男は要注意」という
アメリカン・スピリットが、怖くて気持ち悪かったです。

2・次に、モット家の、破たんする前の様子が描かれていなくて
これはかなりの反則だと思いました。プンプン。
(それが描かれていないので、本当は、夫だけが悪いのか、
 夫と妻の会話はどうなのか、妻は気付いていたのか、等々、
 こっちに分からないようにしてあるのは・・・反則過ぎるのです)

3・一番頭に来たのは(医者の嫌いな私でさえ怒る)
婦人科の医師は、あんなことしませんよ、
絶対に看護師を置きます、患者と二人なんてありえません。
第一、乳ガン検診は、婦人科ではなく外科の仕事です!!!
そんな事くらい取材しなくても常識なので、映画的に必要とはいえ
監督の態度にあったまに来ました!!

4・そしてそして、ペイトンさんの服装、アレは一体何なのですか???
クレアさんの方もアレですけど、ペイトンさんは酷かった。
子守りって、あんな美しい家で洗濯出来ない丈の短いスカートや、
ちゃらちゃらしたブラウスでは出来ないはず・・・
一番ガーンなのは、髪型だよね~!!! いつも美容院行ったみたいな(大爆笑)。

そんなわけで、
真面目に感想を書く気にもなれません(笑)。
ずっと楽しみにしていたので、ものすごく残念です。。。
ホラーではなくサスペンスだと知っていたのですが、
たしかに怖い点も多かったのですが、
それ以前に設定等で「あり得んよ」と思う気持ちが勝ってしまいました。

5・そして最後に言いたい、
彼女は子供が授からない身体になった・・・
でも、でもね、そんな女性があぁいうことするでしょうか?

頭良く、計算できて、子供や人々の心をキチッとつかむ・・・
あぁいう事する人もいるかもしれない・・・
多分99パーセント以上は、しないと断言できます!
映画や小説は、反対なのでしょうけどね、マジに怒る自分がイケナイのかな?

・・・こういう映画から、
「偏見」が始まるのだと、今回それが
恐ろしくて悔しくて、不愉快で、もうサイテーでした(笑)。





<<2-2302  シャーロック・ホームズ シャドウゲーム | BLOG TOP | 2-2300  エグゼクティブ・デシジョン>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -