FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-339)  キャリー  (2回目)

  1. 2013/08/16(金) 23:00:00_
  2. ブライアン・デ・パルマ
  3. _ comment:0
再見  CARRIE  (キャリー)  1976年・アメリカ



キャリー




 
.


きもだめし」で見る予定が、
楽天スポットレンタル史上一番安い「1円」で借りられたので、見てしまいました☆
(「きもだめし」は、オンエア3作品用意してあります)



2013年8月16日(金)  レンタルDVD

監督 ブライアン・デ・パルマ
主演 シシー・スペイセク

感想
ホント、気になっていたから再見して良かった♪

よくよく見てみたら、覚えていた場面もあったけど、
キチンと再見したからこそ、やっと納得出来た事も多かったです。

特に初見時は感想にもあるように白黒テレビで見ていたので
カラーで見たらあの豚の血というのの、おぞましさが倍増?かも?
もちろん白黒も凄いのですが、最初から白黒で作られた作品ではないので
やはりカラーで見るべき作品でした。

初見時はキャリーの目の色が変わったのも、
多分、よく分からなかったように思います。

・・・70年代の香りがするフィルムで、
ウィリアム・カットってマジ懐かしくて泣けました~!
今何しているの?と思い調べたら、まぁ俳優ではあるようだけど、

この映画では負けていたトラボルタが現在では大勝利で、
人生ってそう言うモノかも?
だいたいトラボルタはこの映画ではなく「サタデー・ナイト~」で世に出た人だったはず?

エイミー・アービングの演じたスーですけど
自分が高校最後のプロムに行けなくて良いからと
やはり心底思っていたように思いました。
ただ、最後にあぁいう夢を見るのは、申し訳ない気持ちが残っていたのだと思います。

他の高校生は論外。
死んで当然、くらい思っちゃいますよね~キャリー目線だと(笑)。
でもあの優しい事言った先生は・・・可哀想だったな・・・。

そういう全ての元凶がやはり母親で、
愛してさえくれたら、
全ての出来事がなかったんだけどね・・・

母親の亡骸をひしと抱いて、家と運命を共にしたキャリーは、
ただの幼子だったのよね。。。

でも、その時のイエス様の像の映し方にはムカつきました。
冒とくしている・・・パルマ監督はクリスチャンではないのかな?
きっと○○○教か、宗教ナシでしょうね~残念☆

・・・まぁいろんな見方の出来る映画だとは思いますが、
私的には監督と出会った作品として、
いつまでも大切にしたいと思いました☆ 


追伸:ホラー映画、と、今現在では言えないほどの作品かもしれないけど
やっぱり私の若い頃までの人生で、たった1本「ホラーと知ったうえで見た作品」で、
多くの皆さまにもホラーと思って頂けると嬉しいです♪



初見時感想はこちら  →  キャリー(76・米) ・・・ 1-339





<<2-2290  わが街セントルイス | BLOG TOP | 再見した オムニバス 2作品の ミニ感想 ☆>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2020 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -