FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


2-1835  黄金の7人・1+6/エロチカ大作戦

  1. 2012/09/28(金) 23:00:00_
  2. その他の外国人監督作品
  3. _ comment:0
HOMO EROTICUS  (黄金の7人・1+6/エロチカ大作戦)  1971年・伊



エロチカ大作戦




 
.


2012年9月28日(金)  イマジカ

監督 マルコ・ヴィカリオ
主演 ランド・ブッツアンカ  (ミケーレ 役)
    ロッサナ・ポデスタ  (ココ夫人 役)

感想
これは、あの
「黄金の七人シリーズ」とは、無関係の映画です!(爆) 

でも、監督が同じで、主演に近い女優が同じヒトなので、
邦題は、それ(勘違い)を、狙って付けられたと思います!

でも、この映画は、ネットに書いてあるような、
B級駄作コメディではないと、私は思いました☆

1+6の 
1は、ミケーレという男です。(ハンサムではないけど、ものすごい特徴があるのです)
6は、彼を取り巻く(?)色とりどりの女性陣です。

16歳のおとめから、黄金の七人のヒロインも務めた女優が演じた上流夫人・ココ。
ココの友人たち、その1・侯爵夫人、2・会社経営の独身女性、3・彼のヌード画を描いた女性、
えーともう一人、誰だっけ?まぁいいや(爆)。

そんな彼らの、おっと待った、彼女たちの夫たち・父親も含めての
アレコレ、いろいろ、ドタバタ、
「エロチック」というタイトルに負けない、そういう内容です。

特にココの夫の「あの趣味」には笑わせられましたね~!
大金持ちの成功者の裏側なんて、そんなもんです(笑)。

・・・それでミケーレは、とんでもなく調子に乗っていたのですが、
終盤、ある事故に巻き込まれ、人生が180度変わってしまいました☆

その時に「彼を支える」と決めた人・・・
それが、この映画の“良さ”を現わしていると思います♪


****************************


イタリア映画らしく神父さんが出てきますが、
毎朝、朝一番に、お髭を剃りに飛び込む床屋さん、
きっと何十年もそうしているのだろう・・・と、思わせる、
それが誠実に生きると言う事につながると思いました。

・・・この映画でイヤな感じがしたのは、
ミケーレや床屋さんなど、シチリア島出身者を
「シシリー人」と、下に見る風潮が、まだ、1970年になっても
厳然としてナポリの上流人の中にはあったのだと、そう思った事です。
残念な事です。

あと、この映画での男女のことですが、
イヤらしく映していないので、女性もイヤな思いはせずに
かえって「ガハハハハ」と、笑って見られると思います♪

そんな感じでした☆
エンドロールは目を見張るようなレインボーカラーで・・・
最後まで楽しく見られました♪

あ、ラスト前の「水飲み場のシーン」は、ちょっとエロかったですね~!
今後がちょっと不安になるような、そんなシーンでした☆





<<2-1836  Ray / レイ | BLOG TOP | 2-1834  ギャラクシー★クエスト>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31