FC2ブログ

映画鑑賞の記録

私の映画感想文と、映画に関する文章などです。


(1-192)  うたかたの恋  (1969年版)  (2回目)

  1. 2012/09/18(火) 22:00:00_
  2. テレンス・ヤング
  3. _ comment:0
再見  MAYERLING  (うたかたの恋)  1969年・アメリカ/イギリス



うたかたの恋




 
.


2012年9月18日(火)  頂いたDVD

監督 テレンス・ヤング
主演 オマー・シャリフ  (ドイツ帝国の皇太子 役)

感想
初見は高2。完全に忘れていたので、初見同様。
151分もあってびっくりさ~(136分だった!カットのVHSだ!)

主演はオマー・シャリフで、ドヌーブではなかったです、この点もビックリ。
だって出ずっぱりだったんだもん!!!

初見時感想は、幼いながら、真っ直ぐ素直で、
基本的には同じ事しか思いませんでした。
もちろん時間をあけて死んだ意味は分かりましたが、

最後に手をつなごうとしたのが、いじらしいというか・・・
隣で身体を横たえれば良かったのに、
そうせずに、ベッド脇で立ったまま、だったのは、
きっと、彼女を見たかったからなんでしょうね~と思いました☆

35年・・・こわー!と思うくらい時間が経って、
3年半、結構沢山映画を見てきた私から見ると、

オマー・シャリフさんは「~ロレンス」で再見してから大好きなので、
この映画は出ずっぱりだったので、嬉しかったです♪

ジェームス・メイスンはずっと前から好きだったけど、
最近悪い役ばっかり見てショックの中、この役柄も・・・。
おひげが邪魔でしたが、事実に近付けたんでしょうね~仕方ない。

エヴァ・ガードナーって、この前「北京の55日」再見した時も思ったけど
異常に美しいよね~本当にこういう皇后だったのでしょうか?
エリザベートではないよね?ルードヴィッヒの従兄弟がルドルフだから
その親世代ですね、ハイ、難しいです。

ドヌーブは細くて折れそう、若くてキレイ、演技も上手だったけど・・・
出番はそんなに多くはなかったですね。

60年代末に出来た作品のわりには、ギョッとする場面がなくて
とってもすーっと、オーソドックスな作り☆

多分、事実に近づけるために、脚色よりも、
伝わって来ている話を上手に組み立てたのだと思います。

出会いのシークエンスが、とっても良かったし、
彼女が皇太子を好きになる過程も無理ではなく、女性として心理分かります。

皇太子の幸せではない生い立ちから、結婚生活、政治上のいろいろ、、、
彼女との時間が全ての幸せとまでは言えなくても、
生まれてから一回も
経験した事ない時間だったのは間違いないでしょうね~。

そんな感じ、良い作品でした☆
シャルル・ボワイエさんの作品をいつか見たいと思いますが、
今はこの作品に酔いしれていたい・・・高2の女子的に?です!



初見時感想はこちら  →  うたかたの恋(69・英/米) ・・・ 1-192





<<(1-289)  木靴の樹  (2回目) | BLOG TOP | 2-1820  ウディ・アレンの夢と犯罪>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


このブログ内の検索フォームです

私のプロフィールです 

miri

Author:miri
古今東西、色々な映画が好きです♪
一番好きなのは、1930~50年代のフランス映画です。

カテゴリです❀

1975年からの記録(記事追加中です)

ネタばれについての、お知らせです。

感想文の中で映画の内容について深く触れている場合は、必ず大きな色文字でお知らせしています。 また、感想文の途中の一部分のみのネタばれの場合は、白抜きの隠し文字(反転で読めます)にしてあります。 ただ、申し訳ありませんがその白隠し文字は携帯(スマホ)では見えてしまいます(ペコリ)。 最後に、2008年以前の文章については、配慮はしてありません(ペコリ)。

« 2019 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -